8/11(土)は新潟・小倉・札幌の3場開催。10日正午の馬場発表は新潟と小倉が芝・ダート良、札幌が芝良・ダート稍重。11日の天気は新潟が曇り時々雨、小倉が晴れのち曇り、札幌が雨のち曇りの予報となっている。

■英・シャーガーCに武豊騎手が出場
 イギリスのアスコット競馬場で行われる騎手招待競走「ドバイデューティフリー シャーガーC」に、武豊騎手が世界選抜チームのキャプテンとして出場する。同騎手の出場は3年ぶり8回目。また、J.モレイラ騎手も世界選抜チームの一員として出場する。

■小倉11R・阿蘇Sにコパノチャーリーなど
 小倉11Rはダート1700mの阿蘇S(OP)。コパノリッキーの半弟で昨年の優勝馬コパノチャーリーや、名鉄杯(OP)9着からの巻き返しを期すジュンヴァルカン、B.アヴドゥラ騎手とコンビのメイプルブラザーなどが出走する。

■地方馬ハッピーグリンがルメール騎手とコンビ
 札幌11R・STV賞(1000万)に北海道のハッピーグリンが参戦。1月のセントポーリア賞(500万)でJRA勢を破っている実力馬で、今回はC.ルメール騎手とコンビを組む。ルメール騎手は12日のエルムSでもリッカルドに騎乗するため、土日ともにメインで地方馬に騎乗ということになる。

■友道康夫調教師が55歳のバースデー
 本日は友道康夫調教師の55歳の誕生日。札幌6Rのレッドプリモ、小倉11Rのジュンヴァルカンと、2頭の管理馬が出走予定となっている。

■藤田菜七子騎手は新潟で7鞍
 9日に21歳の誕生日を迎え、JRA女性騎手最多勝利まであと2勝に迫っている藤田菜七子騎手は、新潟で7鞍に騎乗。10Rの麒麟山特別では自身が騎乗して2連勝中のサウンドマジックとコンビを組む。

■新潟11R・新潟日報賞にヴゼットジョリーなど
 新潟11Rは芝1400mの新潟日報賞(1600万)。重賞勝ちの実績があるヴゼットジョリーや、相模湖特別(1000万)を勝ったアンブロジオ、57.5キロのハンデも能力上位のディバインコードなどが出走する。

■ビッシュの半弟ホウオウサーベルがデビュー
 新潟5Rの新馬戦でホウオウサーベル(父ハーツクライ)がデビュー。姉に2016年のオークス3着馬ビッシュがいる血統で、2017年のセレクトセール1歳にて1億4580万円で落札された。M.デムーロ騎手とのコンビで初陣を飾れるか。

■北村宏司騎手らが区切りの勝利まであとわずか
 北村宏司騎手はJRA通算1300勝まであと3勝で、本日は新潟で8鞍に騎乗。戸崎圭太騎手はJRA通算900勝まであと3勝で、新潟で8鞍に騎乗。