iStock-490432460_e

 星に願いを託すため、最低10個くらいは願い事を暗証している君に絶好のチャンスがやってきた。

 2018年8月12日の夜にやってくる、三大流星群の一つ「ペルセウス座流星群」だが、今年は新月と重なり、月明かりに邪魔されることなく流れ星を堪能できるのだ。

 願い事をお願いする前に、まずは晴れてくれることを願おう。関東地方とかちょっと残念な感じになっているけどもだ。

―あわせて読みたい―

ふたご座流星群を見逃してしまった人の為の、ヨーロッパの壮大なるふたご座流星群の写真(動画あり)
桜の後は星のシャワー!最大の見頃は4月22日の深夜23時から。肉眼でも見ることが可能な「こと座流星群」を観測しよう!
8月13日がピーク!2夜連続で天体ショー観測のチャンス。流星の花火「ペルセウス座流星群」を見逃すな!
今すぐ夜空にロックオン!「ふたご座流星群」が降り注ぐ。12月13日深夜から、さあパーティーの始まりだ!
メキシコの上空を並んで飛んでいたUFO艦隊

ペルセウス座流星群

 8月にやってくるペルセウス座流星群は、1月の「しぶんぎ座流星群」、12月の「ふたご座流星群」とともに「三大流星群」と呼ばれている。

 条件が良ければ肉眼で40個ぐらいの流星を見ることができる。今年は8月11日が新月の為、月明かりの影響を受けないためとても見やすくなっている。

iStock-826093388_e

チャンスは3回、8月12日の夜から13日明け方までがピーク

 11日から12日にかけての夜でも、ある程度の流星を観察することができるが、一番たくさんの流星をみることができるのは、12日の21時を過ぎたあたりから13日の明け方くらいまでだ。

 極大は、日本時間の8月13日10時頃と予想されているが、その時間は太陽が出てしまうので見ることができない。

 もし天気に恵まれなかった場合には、13日から14日にかけての夜にも見ることが可能だ。

 つまり3回チャンスがあるということだ。どれかは晴れることを祈ろう。


What's Up for August 2018

どの方角を見ればいいの?

 流星はペルセウス座のγ(ガンマ)星の近くにある放射点から放射状に出現するため、方角問わず、どこからでも見ることができる。

radiant-s_e

image credit:国立天文台

 流星群は肉眼で見ることができる。望遠鏡や双眼鏡を使うと逆に視野が狭まってしまうので、流星の観察には適さないそうだ。

 夜空に目を慣らしながら、願い事を心の中で復唱しつつ、今度こそは星に願いを!

 「一攫千金」と「特殊能力」、「未知との遭遇」は私が念仏のように唱えるのでカブらないようにっと。

こちらもオススメ!

―知るの紹介記事―

野生のキツネを犬のような従順なペットにするための交配実験から明らかとなった家畜化遺伝子(ロシア研究)
ニワトリ用のおしゃれオムツやドレス!趣味が高じてビジネスに。一攫千金を叶えた女性(アメリカ)
警察の作り話だった!?高齢男性2人がヘヴィメタル音楽祭に行くために老人ホームを脱走したと話題になったけど実は・・・(ドイツ)
どっちがどっちで会場大混乱?お揃いの衣装に身を包んだ双子カップル、大勢の双子が見守る中で結婚式(アメリカ)
ち~っす!除草会社から派遣されてきました。100匹近くのヤギ集団、突如住宅街に現れ黙々と草を食す(アメリカ)

―自然・廃墟・宇宙についての記事―

バミューダトライアングルの謎に決着か? 失踪事件の一部は巨大な暴れ波が原因であるという新説(英研究)
深宇宙から発せられた謎の強力なエネルギーを持つ電波を捕捉(カナダ)
ダイヤモンドよりも硬い?宇宙由来の新しい鉱物が発見される(ロシア)※追記あり
夢とロマンと危険がいっぱい。世界10の水中洞窟
廃墟の中で、1台だけ残されたピアノの情趣的な姿を撮影した写真「ピアノの為のレクイエム」
今年は好機!三大流星群の一つ「ペルセウス座流星群」がやってくる!願い事を用意して12日は夜空にロックオン!