山田孝之&菅田将暉がW主演を務める金曜ナイトドラマ「dele」(テレビ朝日系)。10日深夜に放送された第3話では、多くの視聴者が放送終了後「5本のバラ」の意味を“ネット検索”する事態に。ファンがSNSなどで「やられた!」「おしゃれな演出」など脚本・演出の妙が話題になっている。(以下ネタバレが含まれます)

【写真を見る】“5本のバラ”の花束を幸子(余貴美子)に手渡す祐太郎(菅田将暉)。その本数には素敵な意味が…

■ 圭司が用意した花束の意味にファン反応

「dele」は、依頼人の死後、不都合なデジタル記録“デジタル遺品”を抹消する仕事を請け負う車椅子のフリープログラマー・坂上圭司(山田)と人懐っこい“なんでも屋”・真柴祐太郎(菅田)が、依頼人の死にまつわるさまざまな問題に巻き込まれるという異色作。

第3話は余貴美子、高橋源一郎をゲストに迎え、“大人の人情物語”が展開された。

圭司の外出中、「dele. LIFE」の事務所を写真館店主・浦田文雄(高橋)が訪問。祐太郎は圭司に無断で、死後のパソコンデータ削除と「削除する前にデータをコピーし、バラの花と一緒に同じ街の住人・江角幸子(余)へ届けてほしい」という“奇妙な依頼”を引き受けてしまう。そして数日後、浦田は自殺。祐太郎は突然の出来事に肩を落としながらも、身元を偽り、幸子に接触を図る――というエピソードだった。

浦田の死後、幸子は行方をくらますが、2人は浦田と幸子の間に秘められた過去を解き明かし、ラストで幸子にたどり着いた。祐太郎は「なんで、5本しかないんだよ?貧相じゃない」とぼやきながら、圭司が用意した5本のバラの花束とデータ入りSDカードを幸子に手渡した。

その後、「dele.LIFE」事務所に戻った圭司は浦田のデータを削除。その傍らで、祐太郎がスマホを見ながら「おーッ!5本のバラってこういう意味だったんだ。へぇ!ケイって意外とロマンチストなんだね」とニヤつき、圭司が「うるさい」と制したところでエンドマーク。“5本のバラ”の持つ意味は最後まで明かされなかった。

この粋なエンディングに、深夜放送をリアルタイムで見守ったファンからはSNSなどで「しゃれた終わり方」「5本のバラってネット検索しちゃった!」「5本のバラってそういう意味なんだ…調べてジーンときた」といった声が殺到。「調べるか、調べないか悩む…」「この余韻、いいかも」「見終わったあとまで楽しめた」などラストの心地よさを味わう声や、「サーバーが重い。みんな『5本のバラ』検索してるから(笑)」などの声で盛り上がっている。そんな「5本のバラ」の意味は…“あなたに会えて本当に良かった”。

■ 高橋源一郎・余貴美子の深い演技に称賛

浦田を演じた高橋源一郎、幸子を演じた余貴美子の演技への称賛の声も相次いでいる。

中でも、声だけで28年の年月の積み重ねを表現した余の演技力と、その声を28年間聞き続けていた浦田役・高橋の“背中”での演技に視聴者が注目。「余貴美子さんの声だけの演技に痺れた」「音声を聞いてる背中に心が温かくなった」「2人の思いがじんじん伝わってきて切ない」「味わい深い物語だった!昭和ノスタルジーな雰囲気もいい!」といった感想が飛び交っている。

17日放送の「dele」は夜11:45から(※一部地域を除く)放送。ゲストに野田洋次郎が登場し、かつて天才超能力少年と呼ばれた男・日暮裕司(野田)の死にまつわるエピソードを綴る。(ザテレビジョン)

圭司(山田孝之)が5本のバラの花束を用意した理由は?