富山県富山市にある富山県美術館では10月8日(月・祝)まで「第12回世界ポスタートリエンナーレトヤマ2018」を開催している。

【写真を見る】入選作品の1つ「植物を守れ、人類を守れ」(2018)

1985年の創設以来、3年に1度のトリエンナーレ方式で開催している「世界ポスタートリエンナーレトヤマ(IPT)」。世界から最新のポスターを公募し、審査、選抜する日本で唯一の国際公募展だ。

富山県美術館に移転後初めて行う今回は、世界47の国と地域から総計3239点のポスターが寄せられた。また、今回初めて30歳以下の応募者を対象としたU30部門を設け、募集テーマ「Beyond」に441点の応募があった。

本展では、全応募作品から選ばれた入選、受賞作品をはじめ、実行委員、審査員による招待作品を加えた約400点を展示。世界の最先端をゆくポスターデザインを紹介する。

担当者は「3年に1度開催される、日本で唯一のポスターの国際公募展。国内外から総計3239点のポスターが寄せられ選びぬかれた約400点の作品の展示を行います。どうぞご覧ください 」と来場を呼びかける。

国内外から最新のポスターが集まる、日本で唯一の国際公募展を見に富山県美術館に行こう。(東京ウォーカー(全国版)・ウォーカープラス編集部)

入選作品「音楽的引用」(マフディアン・メフディ(イラン)、2015)