【元記事をASCII.jpで読む】

 太陽が沈むと、どこからともなく猫が現われる。それを黄昏時と書いて「にゃそがれどき」と読む。読みません。というか、やってること前回と同じじゃないか。

 進歩なくてすみません。

 夕暮れから夜の猫写真っていいよなあと、いうわけでここ5年くらいで撮った夜猫写真を探してみたら結構あったので前回に引き続き、夕刻から夜の猫である。

 夜の猫写真って、ちょっと前のカメラではすごく難しかった。暗い場所ではISO感度を上げなきゃいけない。上げすぎるとノイズがひどくてまともな写真にならない。かといって感度を抑えると手ブレや被写体ブレが起きる。

 でも、イマドキのカメラ(さすがに廉価モデルは難しいけど、ある程度以上のモデルやデジタル一眼レベル)なら事情がちょっと違う。

 一昔前に比べて手ブレ補正も効くし、高感度時の画質もぐんとよくなってるから挑戦してみる価値はある。

 冒頭写真は夜の公園。街灯はあったけど茂みの下にいてかなり暗いという過酷な環境の下、望遠レンズでそっと狙ったもの。

 マイクロフォーサーズ機でISO 12800ってのはかなりムチャではあるが、奥にいるハチワレの雰囲気がよかったのでがんばって撮ってみた。

 暗くても猫がじっとしてたら手ブレだけ気をつければOK。

 カメラを地面に置いちゃえば(まあ実際には左手の甲を地面につけて手のひらにカメラを置いてアングルなどを調整しながら撮ってるのだけど)、手ブレはかなり抑えられるし、夜、へちゃっと寝てる猫を正面から撮れるのもいい。

 そうそう、フラッシュを焚かない、ってのは夜猫撮影の鉄則。フラッシュ(ストロボ・スピードライト)は発光禁止にしておくこと。これは大事。

 それ以上に注意すべきはフォーカス。

 単純に言えば、暗いほどフォーカスは合いづらくなるし、フォーカシングに時間がかかる。特にミラーレス一眼やコンパクトデジカメはそうだ。

 さらに、後ろに明るい街並みがあるなど、背景の方が明るい逆光状態だとフォーカスが後ろに抜けちゃってピンボケ猫写真になりやすい。

 カメラはそういう事態を防ぐために、「AF補助光」ってのを持ってて、それを光らせて被写体を明るくしてフォーカスを合わせるのだが、猫を撮るときはこれを「オフ」にするのが鉄則。

 簡単な話で、LEDの強い光を猫は嫌うから。最近のAF補助光は強力なので、人を撮るときでも光ると「まぶしい」っていわれます。

 つまり、フラッシュやAF補助光など光るものはオフにして撮れ、ってことですな。

 最近のカメラはAFも優秀になってきたのでAF補助光はデフォルトでオフにしといてくれてもいいと思うのだけどどうなんでしょう。

お店や住宅の灯りに照らされる猫がきれい

 AF的に難易度が高くても、街の灯りと一緒に猫を撮るってのは魅力的だ。雑然とした夜の路地と猫ってすごく合う。

 首輪をしてるので、この路地のどこかの店で飼われてるんだろうと思う。

 夜の猫撮影が楽しいのは、昼間ほど暑くない、昼間に比べて猫が油断してる、そして灯り。

 夜の猫撮影はどうしても街の灯りが頼りになる。街灯や公園灯、窓から漏れる光。

 自然光とは違い、明暗差も大きい。その光をどう使うかもまた夜猫撮影の楽しみのひとつなのだ。

 これは深夜の猫。後ろはお寺なので夜は真っ暗。手前の旧い家の軒に猫が寛いでて、ちょうど街灯の光が当たってくれた。

 マンション前の駐車スペースにあらわれたグレーと白の猫。背中に当たっているのはマンションエントランスの照明。

 こういう光の当たり方も夜ならではの楽しさなのだ。

 最後は夜の公園猫。

 木の陰にちょこんと座ってて背景の方が明るいという過酷な状況だったけど、プラスの補正をかけ、猫がちょっと浮かび上がるように狙ってみた。

 さすがフルサイズセンサー機、という写り。

 と、5年前のコンデジから最新のミラーレス機まで夜猫写真を並べてみたけど、夜の猫っていいですな。夜猫撮影用に超明るい中望遠レンズが欲しくなってきた。そういうレンズって高いのでなかなか手を出せないのだけれども。

 日が暮れると、昼間はまったく見かけない猫がふらっと油断して道を横切ってきたり、塀の上で寛いでたりするので、夜買い物に行くとかコンビニにちょっと出かけるとか、そんなときでも夜猫撮影ができるカメラとレンズを持ってブラブラキョロキョロしながら歩くのも夏ならではかと思います。

■Amazon.co.jpで購入



最近のデジカメは夜の猫もきれいに撮れる