1本塁打あたりの打席数は12.11、パ本塁打トップの同僚・山川を大きく上回る

 西武、中村剛也は8月10日の楽天戦の4回、塩見から左中間に2ラン本塁打を打ち、パ・リーグ記録の6試合連続本塁打に並んだ。

 6試合連続本塁打は、パ・リーグではこれまで、1973年の大杉勝男(日拓)、1974年のアルトマン(ロッテ)、1978年の土井正博(クラウン)、1985年のデービス(近鉄)、1987年の石嶺和彦(阪急)、1995年のスチーブンス(近鉄)、2003年のカブレラ(西武)2004年の松中信彦(ダイエー)の8人が記録していた。中村剛也は9人目となる。

 NPB記録は、1972年に王貞治(巨人)、1986年にバース(阪神)が記録した7試合連続だ。中村剛也は11日の楽天戦でNPB記録に挑むことになる。

 なおMLB記録は8試合連続本塁打。1956年にデール・ロング(パイレーツ)、1987年にドン・マッティングリー(ヤンキース)、1993年にケン・グリフィー・ジュニア(マリナーズ)が記録している。

 中村は10日の本塁打が18号。今季はまだ55試合218打席しか立っていない。1本塁打当りの打席数は12.11、現在パの本塁打トップの西武・山川穂高が14.77だからこれを大きく上回っている。

 特に8月に入ってからの打棒はすさまじい。打率は通算。

8月1日/(ソ) 3打0安0本0点 打率.195
8月2日/(ソ) 4打1安1本1点 打率.197
8月3日/(日) 4打2安0本0点 打率.203
8月4日/(日) 4打1安1本3点 打率.204
8月5日/(日) 3打1安1本3点 打率.207
8月7日/(オ) 2打1安1本2点 打率.210
8月8日/(オ) 3打2安1本4点 打率.217
8月9日/(オ) 4打3安1本2点 打率.228
8月10日/(楽) 5打2安1本2点 打率.232

 2日からの8試合で7本塁打、8月の打撃成績は32打数13安打7本塁打17打点、打率.406になる。この間、西武は6勝3敗、着々と首位固めをしている。

月間最多本塁打記録はバレンティンの18本

 中村はこれだけ打っても打順は7番、8番。中軸の山川穂高、浅村栄斗、森友哉が充実しているので下位から動かないのだ。今の西武の強さは「脅威の7番打者、中村剛也」によるところ大なのだ。

 少し気が早いが、9試合で7本塁打の中村には月間最多本塁打記録を更新する期待もかかってくる。

◯NPBの月間最多本塁打記録5傑

18本 バレンティン(ヤクルト)2013年8月
16本 門田博光(南海)1981年7月
16本 江藤智(広島)1994年8月
16本 阿部慎之助(巨人)2004年4月
16本 筒香嘉智(DeNA)2016年7月

 バレンティンの月間18本塁打は、NPB記録のシーズン60本塁打を打った年に記録。8月の西武の残り試合は16もある。中村剛也が好調を維持すれば、この記録の更新も不可能ではないだろう。

 すでに中村剛也は本塁打王6回、打点王3回の大打者だが、また新しい偉大な記録を達成するかもしれない。(広尾晃 / Koh Hiroo)

西武・中村剛也【写真:編集部】