8月10日から12日にかけて東京ビッグサイトにて開催の「コミックマーケット94」。今回は東7ホールに出展している小学館ブースの初日の模様をレポートする。

【大きい画像を見る】コミケ94小学館ブースの模様




小学館ブースではガガガ文庫原作アニメ『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』『妹さえいればいい。』、今期アニメ『七星のスバル』のグッズや、月刊サンデーGX(ジェネックス)連載漫画『BLACK LAGOON』連載100回記念グッズなどが並んでおり、多くのファンが列をなしていた。



□豪華3大ノベルティグッズ


ブースでは前ではノベルティとして「月刊サンデーGX試し読み版」「おためしガガガ2018夏」の2冊を配布していた。
「月刊サンデーGX試し読み版」は両面表紙となっている。サンデーうぇぶりSIDEは『深夜! 天才バカボン』など、デジタル漫画サービス「サンデーうぇぶり」に連載中の3作品が掲載されており、気になった作品の続きをWebで見られる仕組みだ。裏面のサンデーGX SIDEには花見沢Q太郎先生の新連載『ラブアプリ』第1話と人気スマホゲーム『スクールガールストライカーズ』のコミカライズが掲載されている。また『BLACK LAGOON』のポストカードも折り込まれていた。




「おためしガガガ2018夏」は『クロハルメイカーズ 恋と黒歴史と青春の作り方』『ピンポンラバー』など、7つのガガガ文庫作品の第1章がまとめて読める構成となっている。

記者は入手できなかったが、午後以降には『七星のスバル』のうちわも配布されるという。ノベルティは全て先着順にて11日、12日にも配布予定。【ほかの画像を見る】コミケ94小学館ブースの模様
コミケ94小学館ブースの模様