6日の『ノンストップ!』(フジテレビ系)で、作家の村上春樹氏が前日5日に放送された『村上RADIO〜RUN&SONGS〜』(TOKYO FM)に初めてラジオ出演し、ファンである“ハルキスト”が歓喜した模様を紹介した。村上氏はメディアに露出しないことで有名だ。番組に出演したLiLiCoは、テレビで村上氏の肉声が流れず、代役の声優が村上氏のコメントを読んでいたのを受け、「私、ハルキストではないんですけど聴けばよかった〜!」と生放送を聴いていなかった自身を嘆いた。

 LiLiCoと言えば、歯切れの良い発言が特徴の女性タレントだ。『王様のブランチ』(TBS系)で、海外俳優にも物怖じせず流暢な英語で質問するインタビュアー、また、映画コメンテーターとして知る人も多いだろう。今でこそ明るくポジティブなイメージが強いLiLiCoだが、現在の芸能活動に至るまではいばらの道だったようだ。

 2012年12月に放送された『中居正広の金曜日のスマたちへ SP禁断の告白』(TBS系)に出演したLiLiCoは、父親がスウェーデン人、母親が日本人の“ハーフ”の見た目で同級生たちから壮絶ないじめを受けたという。

 また、同番組では病弱な弟を見限って父親が家を出てから母親がヒステリックとなり、弟の世話をLiLiCoに押し付けていたことも告白。その後、精神を病んでしまった母親は、芸能界で活躍するLiLiCoに応援の声をかけることもなく、2012年3月に他界したという。

 過酷な環境をスウェーデンで過ごした幼少期のLiLiCoにとって、日本にいる祖母が送ってくれたアイドル雑誌が唯一の心の支えだった。その影響からLiLiCoは18歳の時に歌手になることを決意。祖母を頼って単身で日本に渡った。

 19歳の時、静岡県浜松市の芸能事務所に入ることが決まり、演歌歌手の元で下積みすることに。21歳の時、マネージャーとともに事務所を独立し、東京に進出して個人事務所を設立。ところが、すぐに仕事がなくなり事務所は差し押さえに遭ってしまう。26歳までの5年間をマネージャーと2人で、車中泊を送る生活を余儀なくされた。夜はスナックなどで歌い、昼は出演を希望する番組プロデューサーに直接電話をかけて営業する日々だったそうだ。

 1992年にLiLiCoは映画の主題歌で歌手デビューこそしているが、その一方でVシネマではヌードシーンも披露し、セクシー路線で深夜のテレビ番組に出演するなど望み通りの状況とは言いがたかった。28歳でマネージャーの元を離れて独立し、中川翔子の母親が経営するショーパブで働くかたわら、CMナレーターの仕事も経験したようだ。

 転機は、LiLiCoが30歳の頃に訪れる。アメリカのアニメ「サウスパーク」で声優デビューし、ある雑誌のインタビューを受けたことだった。“好きな映画を3本教えてください”というシンプルなものだったが、これに対する受け答えが『王様のブランチ』の放送作家の目に留まった。2001年に番組のオーディションに誘われて合格し、その10日後から映画コメンテーターとしてレギュラー出演が決まったという。

 今やバラエティ番組に引っ張りだことなったLiLiCo。肉食系女子を思わせる見た目や豪華な笑い声など、キャラクターを買われたことも大きいだろう。しかし、『朝日新聞×マイナビ』の行った「Heroes File」のインタビューの中でLiLiCoは、「この番組(王様のブランチ)の前に、FMラジオ局のJ-WAVEで、ピストン西沢さんの番組への出演が決まったのですが、これも5年がかりの営業のたまもの」と語っている。このような本人の地道な営業が、後になって実を結んだ部分も大きいようだ。

 2014年8月にはDDTプロレスリングの開催する『両国ピーターパン2014〜人生変えちゃう夏かもね!〜』で行われた「アイアンマンヘビーメタル級選手権バトルロイヤル」に特別リングアナとして参加。最初は話題作りかと思われたが、その後、毎年プロレスラーとして同団体の大会に参加し闘い続けている。さまざまな顔を持ち、どん欲に活動するLiLiCoだが、そのあふれるパワーはどこから来るのだろうか。

 「LiLiCoさんは、いまだに歌手としての成功を夢見ていると言われています。歌手というゴールにたどり着くためにはどんな犠牲でも払うと本人も口にしていて、仕事のためなら休みは必要ないと考えているそうです。辛かった過去の経験があるからこそ、“超”がつくほどポジティブで常に今が夢の途中なのでしょう」(芸能ライター)

 独自の歩みを進めるLiLiCo。今年4月には俳優の小田井涼平との結婚を発表したが、今後もきっと持ち前のバイタリティーで私たちを楽しませてくれるに違いない。
LiLiCO