パズル制作集団の「ニコリ」が不定期で発行している、パズル通信ニコリ別冊「数独通信Vol.35」が、2018年8月10日発売した。

毎回、読者からどっさり送られてくる数独の投稿作品の中から、編集部が解いて厳選した問題が掲載される。

今回は前回(99問)を大きく上回る、119問が並んだ。

何問解けるかな?

今号から問題数が増えてパワーアップした。

数独のレベルは、易しいものから難しいものまであり、初挑戦という人にも、「数独のルールと解き方」が詳しく解説されているので安心だ。

ファンが楽しみにしている読み物ページも充実した。

イベントなど数独に関する情報コーナーや、地域で数独を広めている人のインタビュー、難問解説や数独以外のパズル、読者からのハガキ紹介なども読み応えがある。

なお、表紙はvol.1から伝統的に続く「数独アート」。今号は優雅に泳ぐ錦鯉だ。 価格は864円。

詳細は公式サイトから。<J-CASTトレンド>

「数独通信Vol.35」