『CanCam』専属モデルを務め、大規模なファッションショーへのモデル出演や、女優、バラエティタレントと多方面で活躍する堀田茜が、ファッションブランド「rienda」(リエンダ)は、2018年秋冬のキャンペーンヴィジュアルモデルに起用された。riendaがシーズンのキャンペーンヴィジュアルモデルに日本人を起用したのは、約4年振り。

【写真】堀田茜がファッションブランド「rienda」のイメージを表現。

 今回のキャンペーンヴィジュアルに堀田が起用されたのは、ファッションモデルのみならず、幅広く多岐にわたり活躍の場を広げる、今、最も輝く女性であるということ。そして、ナチュラルな女性らしさや多くの女性から好感をもたれ支持されていることが、今のriendaを表現するに相応しいとの理由から。

 riendaの撮影には、フォトグラファー・曽根将樹(PEACE MONKEY)、ヘアメイク・イガリシノブ(BEAUTRIUM)のタッグがそろい、堀田の表現力によって、「いつまでも女性らしくありたい」というriendaのセクシーな世界観が表現されたヴィジュアルが完成した。。このヴィジュアルカタログは、現在、全国のrienda店舗にて配布中(数量限定のため、 無くなり次第終了)。そしてヴィジュアルムービーもriendaオフィシャルSNSにて配信されている。

 なお現在、堀田茜が所属するオスカープロモーションを含む、人気モデルの所属事務所24社が参加する『モデル特別オーディション2018』が、オーディション情報サイト「デビュー」で展開中だ(下記リンク参照)。

■堀田茜プロフィール

1992年10月26日生まれ、東京都出身。2009年『第12回全日本国民的美少女コンテスト』本選出場をきっかけに芸能界入り。現在は『CanCam』(小学館)専属モデルを務める傍ら、『世界の果てまでイッテQ!』をはじめとしたバラエティやCM・近年は女優としてドラマや映画にも多数出演し、活躍の幅を広げている。直近では、神戸コレクション(8月25日)、 関西コレクション(8月29日)、 東京ガールズコレクション(9月1日)、 Girls Award(9月16日)、 東京ガールズコレクション 北九州(10月6日)にゲスト出演。
堀田茜がファッションブランド「rienda」の2018年秋冬のキャンペーンヴィジュアルモデルに起用。