2020年東京オリンピックのあおりで、同時期に予定されていたインターハイ(高校総体)が開催危機に陥っています。運営する全国高等学校体育連盟(以下高体連)は特別基金を募っていますが、目標7億円のうち、まだ3364万円ほどしか集まっていません。

【その他の画像】インターハイ、例年と2020年の日程

 高体連事務局長の西塚春義さんが苦しい胸の内を明かしてくれました。

●五輪開催で、インターハイのための宿泊施設がない……

 もともと2020年のインターハイは「北関東総体」として茨城、栃木、群馬、埼玉の4県で予定されていたものの、五輪開催が決まりそれが暗転。なにせインターハイは選手や監督、役員ら3万6000万人がのべ20万泊をする高校スポーツの祭典です。五輪に押されて必要な数の「宿泊施設」が取れなくなり、他地域を含めた分散開催をせざるを得なくなりました。

 そのため北関東4県で11競技を行い、ほか19競技はその他の県で行うことに。しかし、持ち回りの開催ではどうにかお金を出してくれた自治体側も、イレギュラー開催の今回は拒絶するケースが続出しています。

 インターハイの1競技の開催は平均4000万円ほどかかるため、降って湧いたようなイベントに税金は出せないということです。そのため、19競技を行う各自治体の負担を軽減するために立ち上がったのが、前述の「2020インターハイ特別基金」なのです。

●大会規模の大幅縮小に踏み切る

 さらに大会規模の縮小にも踏み切りました。まず仮設の施設は使わないこと。冷房が入っていない体育館に仮設の空調を入れる、待機をする場所がない体育館にプレハブのようなものを作るだけでも1000万円ほどかかってしまうそうで、そういった設備を使わなくてもいい体育館を全国から選びました。

 なおインターハイでは全国各地から審判に来てもらうのが通例ですが、できるだけ近場で審判を集めたり、予選リーグを行わずに最初から決勝トーナメントを行うなどの工夫をしています。それでどうにか例年の半額ほどの費用計画でおさめた開催地もあるほど。

 さらに県や市町村の負担を減らすため、高体連、各スポーツの専門部、各スポーツ協会が多額のお金を出して、なんとかこの急場をしのごうとしています。あまりに開催地選びが難航した末、県と市町村は全くお金を出さず、高体連や協会らが全額を負担する競技も数多いのだとか。ただしその負担は大きく、基金の少なさが響いています。

●いまだ4競技の開催地が決まらず

 2015年9月から19競技の開催地決めをスタートし、2016年12月をめどにぜんぶを決めようとするも決まらず、次は2018年3月をめどにするも決まらず……という苦難の中、どうにかあと体操(新体操のみ決定)、柔道、ボート、ボクシングの4競技を残すのみとなりましたが、逆に言うと、「あと2年の時点で、4競技もの開催地が決まっていない」のも事実。

 この4競技の開催地を決めるには、基金で自治体の負担を減らすことが必要なのですが、前述のとおり、基金はあまり集まっていません。そんな中で、高体連は部活動の顧問や生徒さんにお願いのチラシも送っています。

 「1人100円でも寄付していただければと言っています。そうすれば高体連の生徒さん約120万人いますから、1億2000万円になるので」と西塚さんは語りますが、額はなかなか増えません。「危機感が伝わっていないのかな、という気はします」。

●TシャツやLINEスタンプも販売

 そんな中で高体連バスケット専門部が販売するTシャツや、マスコットキャラ「ウイニンくん」のLINEスタンプが販売中。これらを買うと、一部がインターハイの特別基金のほうに充当されます。

●「最悪中止になる可能性は、ゼロではない」

 お金は本当にギリギリ。もう少しなんとか集めないと、宣伝のポスターも貼れない状態と言います。実は五輪の選手村を開放して関東での宿泊場所を確保する案もありましたが、その期間にパラリンピック仕様に模様替えをする手間などもあり、断られました。

 基金が集まらないいま、西塚さんは語ります。「最悪中止になってしまう可能性? ゼロではありませんが、中止にしないのが大原則。残り4つの開催地が決まらないというのは、絶対に避けなくてはならない」

まだ3300万円強しか集まっていない(公式サイトより)