群馬県中之条町の山中で10日に9人が乗った群馬県の防災ヘリコプター「はるな」が墜落した事故で、11日、新たに7人の死亡が確認され、9人全員が死亡した。警察が身元確認を進めている。県によると、10日に2人が現場から搬送されたが、死亡。午前7時以降、7人全員が搬送されたが、死亡が確認された。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

防災ヘリの墜落で、残されている7人を救出するため、現場に向かう警察や自衛隊員ら=長野県山ノ内町の横手山中腹で2018年8月11日午前5時18分、手塚耕一郎撮影