北アイルランド代表MFがゴールキックをセンターサークルから打ち返す衝撃弾

 海外女子サッカーでゴールキックをセンターサークルからダイレクトで打ち返し、ゴールを決めるスーパープレーが炸裂。かつてJリーグで名古屋のストイコビッチ監督(当時)が見せたような芸術的一撃が動画で公開されると、海外ファンに「FIFAのベストゴール候補だ」「今まで見たことがない」「まるでロケット」などと驚きが走っている。

 まさかの一撃で話題を呼んでいるのは、北アイルランドリーグ、クリフトンビルの北アイルランド代表MFビリー・シンプソンだ。8日のシオン・スウィフト戦。相手のゴールキックの場面だ。

 GKが右足で大きく蹴り出した。センターサークルのハーフウェー付近で一人の選手が頭で触れようと跳び上がるが届かず、その背後から現れたのがシンプソンだ。勢い良く走り込むと、そのまま右足一閃。前方に大きく蹴り返した。しかし、次の瞬間だ。高く舞い上がったボールはグングン伸び、相手ゴールへ一直線。相手GKも慌てて反応するが、まさか――。

 懸命に相手GKも飛びつくが届かない。なんとそのままゴールネットを揺らしてしまったのだ。実に60メートルは迫ろうかという距離。一躍、歓喜の輪は自陣に出来上がった。北アイルランド代表公式ツイッターが「NIFLプレミアシップのクリフトンビルに所属する、北アイルランド代表のビリー・シンプソン、疑問の余地のないゴール」とつづり、動画を公開した。

海外ファン衝撃「信じられないゴール」

「素晴らしい一撃」
「キーパーは不運だ」
「お見事」
「FIFAのベストゴール候補だ」
「なんてショットだ」
「まるでロケット」
「アメージング」
「今まで見たことがない」
「印象的だ」
「信じられないゴール」

 仰天ゴールを目の当たりにしたファンからは返信欄でコメントが殺到。大反響を呼んでいた。また、英公共放送「BBC」は「クリフトンビルのシンプソンが驚異のゴールを記録」と見出しを打って特集。「ビリー・シンプソンが驚異の一撃を放った。26歳がハーフウェーライン付近から放ったボレーは確実にシーズンベストゴールの候補だ」と絶賛している。

 GKからのボールの打ち返しといえば、Jリーグで名古屋のストイコビッチ監督(当時)がピッチサイドから革靴で蹴り、ゴールネットを揺らしたことは有名な話。それを彷彿とさせるようなスーパーゴールとなった。(THE ANSWER編集部)

北アイルランド女子代表MFのシンプソン(左上)【写真:Getty Images】