敦賀気比はストライクゾーンのスイング率とコンタクト率で木更津総合を上回るも…

 常連校から夏の高校野球選手権大会に初めて出場するフレッシュな顔ぶれまで幅広くチームが出揃った第5日目の試合をセイバー目線で分析してみましょう。

◯攻撃指標
OPS 出塁率+長打率
wOBA 1打席あたりにどれだけチームの得点に貢献したかを表す指標
O-swing% ボールゾーンのスイング率
Z-swing% ストライクゾーンのスイング率
Z-contact% ストライクゾーンのコンタクト率

【木更津総合】
得点10 打率.333 出塁率.479 長打率.896 盗塁2/3
OPS .896 wOBA .430
O-swing% 15.2%
Z-swing% 59.1%
Z-contact% 94.5%

【敦賀気比】
得点1 打率.242 出塁率.306 長打率.333 盗塁0/0
OPS .639 wOBA .288
O-swing% 10.7%
Z-swing% 65.8%
Z-contact% 95.8%

 1イニングに打者10人の猛攻で6点をとるなど大量得点で大勝した3年連続出場の木更津総合。O-swing%は15.2%と選球眼もよく、Z-contact%もこれまでの出場校の中でも上位の部類となるなど、鍛えられた攻撃力を如何なく発揮しました。ただ敦賀気比は両指標とも木更津総合を上回る数値を出しているのです。しかし木更津総合の先発・野尻投手の低めにコントールされた球を打ちあぐねゴロの山を築き、5回途中までノーヒットと苦しみました。後半にヒット7本を集中させましたが、あとひと押し足りず1得点で終わりました。

【折尾愛真】
得点3 打率.161 出塁率.229 長打率.258 盗塁0/0
OPS .487 wOBA .220
O-swing% 23.1%
Z-swing% 65.1%
Z-contact% 83.3%

【日大三】
得点16 打率.441 出塁率.608 長打率.676 盗塁0/1
OPS 1.284 wOBA .543
O-swing% 6.9%
Z-swing% 66.7%
Z-contact% 97.0%

 初出場で1回表にいきなり先制して意気揚々の折尾愛真でしたが、裏の日大三高の攻撃で一挙失点と出鼻をくじかれてしまいました。折尾愛真の投手の投じるストレートとスライダーに球速の差がほとんどなく、初回のZone%(ストライクゾーンに球が投じられた割合)が35.3%とコントロールも定まらず、1死から8者連続で出塁を許してしまいました。15被安打もさることながら与四死球が16(四球11、死球5)と、それ以上に出塁を許してしまうコントロールの甘さが命取りとなりました。

 なお、大きな点差という余裕もあったのでしょうが、O-swing%の6.9%はこれまでの出場校の中で2番目に低く、Z-contact%の97.0%は4番目に高い数値です。

【奈良大付】
得点4 打率.343 出塁率.333 長打率.486 盗塁1/1
OPS .819 wOBA .349
O-swing% 31.0%
Z-swing% 84.3%
Z-contact% 88.6%

【羽黒】
得点1 打率.242 出塁率.286 長打率.242 盗塁2/3
OPS .528 wOBA .272
O-swing% 21.1%
Z-swing% 73.8%
Z-contact% 86.7%

 初出場ながら積極的な打撃で効果的に点を重ねていき勝利を収めた奈良大付。その積極的な姿勢はZ-swing%の84.3%というこれまでの出場の中で最も高い数値に表れています。

 羽黒は8安打すべてが単打ということで、長打率-打率で示されるISOは0。これまで出場した44校のうちISOが0のチームは11校です。

木更津総合の2年生右腕・根本は直球の平均球速144.5キロ

◯投手指標
P/IP 1イニングあたりの投球数
WHIP 1イニングあたりで安打、四球でどれだけ走者を出したかの指標
GO/AO ゴロアウトの総数をフライアウトの総数で割って算出

【木更津総合】
野尻幸輝(右)
7回2/3 投球数109 P/IP 14.22 WHIP 1.17 GO/AO 1.50
根本太一(右)
1回1/3 投球数20 P/IP 15.00 WHIP 1.50 GO/AO ∞

【敦賀気比】
木下元秀(左)
5回1/3 投球数115 P/IP 21.56 WHIP 2.63 GO/AO 2.67
坂井翔(右) 
0回2/3 投球数22 P/IP 33.00 WHIP 3.00 GO/AO 0.50
黒田悠斗 (右) 
1回 投球数16 P/IP 16.00 WHIP 1.00 GO/AO 2.00
笠島尚樹 (右)
 1回 投球数29 P/IP 29.00 WHIP 4.00 GO/AO 2.00
高橋丞(左)
1回 投球数10 P/IP 10.00 WHIP 2.00 GO/AO 0.50

【折尾愛真】
小野剛弥(左)
0回1/3 投球数32 P/IP 96.00 WHIP 18.00 GO/AO ∞
下柳涼(左)
3回2/3 投球数92 P/IP 25.09 WHIP 4.09 GO/AO 0.80
野元涼(右)
2回 投球数30 P/IP 15.00 WHIP 1.50 GO/AO 3.00
斉藤隼人(右)
0回1/3 投球数19 P/IP 57.00 WHIP 9.00 GO/AO 0.00
堀田明嗣(左)
1回2/3 投球数42 P/IP 25.20 WHIP 2.40 GO/AO 1.00

【日大三】
中村奎太(右)
4回 投球数76 P/IP 19.00 WHIP 1.25 GO/AO 2.00
河村唯人(左)
5回 投球数85 P/IP 17.00 WHIP 0.60 GO/AO 6.00

【奈良大付】
木村光(右)
0回 投球数132 P/IP 14.67 WHIP 1.11 GO/AO 1.25

【羽黒】
篠田怜汰(右)
8回2/3 投球数146 P/IP 16.85 WHIP 1.38 GO/AO 0.90
金子摩周(左)
0回1/3 投球数8 P/IP 24.00 WHIP 0.00 GO/AO 0.00

 木更津総合でリリーフ登板した根本投手のストレートは、いきなり148キロを記録。最高が149キロ、平均で144.5キロと1回1/3、20球だけではありますが、快速球を披露しています。2年生ということで来年には150キロも期待できる逸材です。

 日大三高の2人の投手はどちらも空振り率10%を超える好投手。中村投手はチェンジアップで18.2%、河村投手はフォークで14.3%とここぞの決め球を持っています。

 奈良大付の木村投手は9回完投ですが、空振り率は12.1%を記録。特にスライダーでの空振り率はなんと24.4%。羽黒打線から8個の三振を奪い、奈良大付属に夏の初勝利をもたらしました。(鳥越規央 / Norio Torigoe)

鳥越規央 プロフィール
統計学者/江戸川大学客員教授
「セイバーメトリクス」(※野球等において、選手データを統計学的見地から客観的に分析し、評価や戦略を立てる際に活用する分析方法)の日本での第一人者。野球の他にも、サッカー、ゴルフなどスポーツ統計学全般の研究を行なっている。また、統計学をベースに、テレビ番組の監修や、「AKB48選抜じゃんけん大会」の組み合わせ(2012年、2013年)などエンターテインメント業界でも活躍。JAPAN MENSAの会員。一般社団法人日本セイバーメトリクス協会会長。
文化放送「ライオンズナイター(Lプロ)」出演
千葉ロッテマリーンズ「データで楽しむ野球観戦」イベント開催中
トークイベント「セイバー語リクスナイト」7月19日開催

セイバー目線で甲子園を分析