日本全国に何十万とあるバス停。東西南北それぞれの「最果て」に位置するのはどのようなバス停でしょうか。それぞれの行き方も紹介します。

東と北は北海道に

日本全国に何十万とあるバス停。東西南北それぞれの「最果て」に位置するのはどのようなバス停でしょうか。

日本最北のバス停は、やはり日本最北端の地「宗谷岬」にある宗谷岬バス停です。岬の先端には「日本最北端の地」を表す記念碑が建っており、その先には約43km離れたサハリンの島影がうっすらと見えます。

こちらは宗谷バスが運行する天北宗谷岬線のバス停。天北宗谷岬線は音威子府(おといねっぷ)と稚内駅前ターミナルを4時間以上をかけて結ぶ長大路線です。稚内駅から乗れば、宗谷岬バス停までは1時間程度で到着します。もし稚内空港から行くのであれば、ターミナルから徒歩約30分の自動車学校バス停まで歩くことになりますが、期間によってはこちらからも臨時バスが運行されます。

そして、日本最東端のバス停も北海道にあります。根室交通が運行する納沙布線の納沙布岬バス停です。納沙布線は根室駅前のターミナルから1日7往復運行しており、約44分で納沙布岬バス停までを結んでいます。

納沙布岬は本土最東端の地であり、一般に立ち入れない北方領土を除けば日本最東端の場所。北方領土の島々も近く、岬から島の姿を肉眼で見ることができます。付近は公園として整備されており、北方領土返還を祈念するモニュメント「四島(しま)のかけ橋」や、根室市北方領土資料館があります。

西と南は沖縄に

最西端と最南端のバス停があるのは沖縄県です。

最南端のバス停がある西表島では、西表島交通という会社が1本のみ路線バスを運行しています。島の西側にある大原港や、北側にある上原港を経由して島を半周するような路線で、その起終点である南の豊原バス停が日本最南端のバス停。木製のしっかりした作りで、「日本最南端のバス停」と表示されています。

上原港から豊原バス停までは1時間8分、大原港からはわずか10分ほどです。ただし、各港のフェリーの発着とは接続がとられていないので気をつけましょう。

最西端のバス停があるのは与那国島です。この島の路線バスを運行するのは、その名もズバリ「最西端観光」。与那国町が運営している生活路線バスを委託運行しており、1日7便で島内の各集落を回ります。島の西側にある、漁港を中心とした久部良(くぶら)という集落にある久部良バス停が日本最西端のバス停です。

この久部良バス停は、最南端バス停である西表島の豊原バス停と比べるといささか地味です。「最西端」の表示などはありませんし、バス停名や時刻表も立て看板のようなものに手書きされているのみ。そのうえ、久部良港はカジキの漁獲量が日本一ということで、バス停のすぐそばにカジキのモニュメントがあり、そちらの方が目立っています。

ちなみに、最西端観光のバスはなんと無料で、島民専用というわけではなく誰でも乗車できます。一方、久部良港へは石垣島からフェリーも週2便出ており、これを使えばバスに乗らずとも久部良バス停にアクセス可能です。

最果てのバス停どうしを行き来するにはどうしたらいいでしょうか。「豊原」と「久部良」の場合、西表島と与那国島を直接結ぶ便はないので、いったん石垣島を経由する必要があります。「豊原」からは大原港までバスで向かい、そこからフェリーで石垣島に渡り、飛行機で与那国島へ、というルートが最短です。

北海道の場合は、最短でも2日はかかります。「宗谷岬」からであれば、稚内まで戻って高速バス、もしくは飛行機を乗り継いで根室まで行くか、あるいは音威子府までバスに乗り、そこから鉄道で根室に向かうかです。いずれにせよどこかで1泊しなれければなりません。

※記事制作協力:風来堂

【写真】日本最西端のバス停はかなり地味!?

日本最北端の宗谷岬バス停。6月16日から9月15日までは、稚内空港~宗谷岬~稚内市内で臨時バスも運行される(画像:宗谷バス)