11日、新潟競馬場で行われた新馬戦(2歳・芝1800m・14頭)は、好位でレースを進めたM.デムーロ騎手騎乗の1番人気ホウオウサーベル(牡2、美浦・奥村武厩舎)が、直線で逃げた10番人気マイネルエキサイト(牡2、美浦・黒岩陽一厩舎)を交わして抜け出し、最後はこれに3.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分48秒4(良)。

 さらに3/4馬身差の3着に5番人気サクラザチェンジ(牡2、美浦・武藤善則厩舎)が入った。なお、2番人気トゥルボー(牡2、美浦・小笠倫弘厩舎)は10着、3番人気ラティーンセイル(牝2、美浦・加藤征弘厩舎)は11着に終わった。

 勝ったホウオウサーベルは、父ハーツクライ、母バランセラ、その父Acatenangoという血統。2017年のセレクトセール1歳にて1億4580万円で落札された。半姉ビッシュは2016年のオークス3着馬で、同秋の紫苑Sを制している。