今秋リリースを予定するアップルのARプラットフォーム「ARKit2.0」では、マルチプレイやトラッキングのサポート拡大などのアップデートが予定されています。開発者達からは一足先に、ARKit2.0を使った様々なアプリのデモが公開され、話題を集めています。

今回iOSのデザイン・テクノロジスト、Nathan Glitter氏が作成したのは、スマートウォッチ「Apple Watch」と連動するARアプリです。

ウォッチ画面の隣にARスクリーン

同氏のツイッターで公開されたデモでは、天気やメッセージといったApple Watchの主要なアプリについて、画面の隣に大きなARのスクリーンが現れます。例えばメッセージアプリを選べば、チャット画面がARで表示されるという具合です。

開発者へのインタビュー

米メディアVRScoutは、このデモについてGlitter氏にインタビューを行っています。

―現在はどのような仕事をしていますか?

Glitter氏:
私は現在、iOSデザイン・テクノロジストとしてテキサスのSwiftKick Mobileで勤務しています。iOSの技術とプロダクトデザインの橋渡しをする仕事です。

―ARに携わることも多いのでしょうか?

Glitter氏:
主にはiOSアプリについて、デザイン、ジェスチャーやアニメーションの設計を行っています。ARにはサブで取り組んでいます。なぜならユーザーエクスペリエンスもまだ標準化されておらず、新しいコンテンツ開発の余地が多くて面白いからです。

―このデモ作成にはどのくらいかかりましたか?

Glitter氏:
数週間程度です。イメージアセットを作り、アニメーションをデザインするのに一番時間がかかりました。

―制作のきっかけは?

Glitter氏:
マーベルコミック「アイアンマン」のトニー・スタークが使っているAR技術です。私のApple Watchのデモを見て、映画「スパイキッズ」を思い出すという人もいます。

―今後このプロジェクトは、どういう方向に進んでいくと思いますか?

Glitter氏:
例えば「ARグラス」のようなデバイスで活用できると思います。我々の周りにある、あらゆる物をARで情報提示することも可能になるでしょう。アプリがスマートフォンの枠組みから解放されて、現実の世界に存在するようになるのです。

―デモ動画からは分からない、説明したい特徴はありますか?

Glitter氏:
このプロトタイプではiPhoneを使っています。しかし、人間には2つしか手がありません(1つをスマートウォッチをはめるため、もう1つをデジタルクラウンを操作するために使うと、スマートフォンを操作する手は足りません)。つまり、今のモデルは現実的ではないのです。デモ動画の撮影時には、スタンドにスマートフォンを固定していました。

また、現時点ではARの可能性を活かしきれていないと思います。なぜならまだ私の考えの範囲も、2Dのデザインに限定されています。将来的には、3Dをフルに活用したARコンテンツが生まれると考えています。

(参考)VRScout
Mogura VRはVRScoutのパートナーメディアです。