8月10日から12日まで開催の"平成最後の夏コミ"「コミックマーケット94」。今回は東7ホールに出展のマルイブースの初日の模様を紹介する。

【大きい画像を見る】コミックマーケット94 マルイブースの模様


企業ブースエリアに燦然と輝く白い一角。それが大手百貨店マルイのコミケブースだ。
馴染みのない人には驚きかもしれないが、マルイが「マルイノアニメ」ブランドでコミケにブースを出すようになってからもう3年になる。新宿、渋谷、有楽町、博多、難波、池袋の各店舗ではアニメグッズエリアやアニメ関連イベントスペースが常設されている。
また、販売やイベント実施だけでなく最近は作り手側にも回っている。今期アニメ『音楽少女』では製作委員会に出資をしている他、Web用オリジナルアニメ『猫がくれたまぁるいしあわせ』も展開中で、マルイはもはやアニメの製作会社でもあるのだ。




マルイブースでは『音楽少女』の他『DYNAMIC CHORD』『絶対可憐チルドレン』『初音ミク』などのグッズも取り扱っている。初日の昼頃には『DYNAMIC CHORD トレーディング缶バッジコレクションvol.9』と『ゆるドラシル 設定資料集 第1巻』が売り切れとなっていた。





マルイがコミケに出展する理由として、広報担当スタッフは「マルイがアニメ展開をしている店舗は秋葉原や中野と違いアニメに縁の薄い人が立ち寄れる街にあります。アニメライトファンに足を運んでいただきたいためですが、同時にコアファンにもぜひマルイを身近に感じてほしいと思い、コミックマーケットにも毎年出展しています」と述べた。マルイがアニメファン御用達の店になる日も近いのかもしれない。


【ほかの画像を見る】コミックマーケット94 マルイブースの模様
コミックマーケット94 マルイブースの模様