11日、小倉競馬場で行われたフェニックス賞(2歳・OP・芝1200m)は、先手を取った松山弘平騎手騎乗の1番人気シングルアップ(牡2、栗東・寺島良厩舎)が、そのままゴールまで逃げ切り、2着の3番人気チュウワフライヤー(牝2、栗東・大久保龍志厩舎)に1.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分8秒4(良)。

 さらに1.1/4馬身差の3着に4番人気アーデントリー(牡2、栗東・川村禎彦厩舎)が入った。なお、2番人気リゲイン(牝2、栗東・宮本博厩舎)は5着に終わった。

 勝ったシングルアップは、父キンシャサノキセキ、母ラフアップ、その父クロフネという血統。6月3日の新馬戦(阪神)に続くデビュー2連勝を飾った。