イニング途中の救援ではなく先頭から2球でチェンジ、いったいなぜ?

 米大リーグのマイナーリーグで「1イニング2球で3アウト」というリーグ史上初の珍事が発生。それもイニングの途中から救援したわけではなく、先頭打者から2球で3アウトを奪ったという。MLB公式サイトの動画紹介コーナー「Cut4」が動画付きで特集し、「1イニング2球でチェンジなんてものを目撃したことはあるだろうか?」と驚きをもって伝えている。

 マイナーリーグ史上初の珍事が生まれたのは、10日(日本時間11日)に行われた1Aの試合、ブレーブス傘下ローマ・ブレーブス―パイレーツ傘下ウェスト・バージニア戦。3-3で迎えた延長10回だった。

 史上初のミソとなったのは、マイナーリーグの規定だ。ルール上、延長戦は無死二塁からスタートするのだ。そして、7回から救援していたブレーブスの左腕ヘイデン・ディールはこの回もマウンドに上がる。まずは先頭だ。ミッチェルに初球の変化球を痛烈なライナーではじき返された。これが二塁手の正面を突く。二塁ランナーは飛び出しており、併殺となった。

 そして、次打者も初球だ。スタッフォードも強烈な打球を放ったが、これまたサード正面のライナー。あっさりと3アウトとなり、淡々とブレーブスナインはベンチに帰り始めた。しかし、この静けさの中で歴史的快挙が生まれていたのだ。「Cut4」は「ローマ・ブレーブスのヘイデン・ディール、マイナー史上初の2球で3アウト」と見出しを打って特集している。

マイナーならではのルールが呼んだ珍事で「歴史的2球」に

 動画とともに紹介した記事では「ピッチャーが1イニングを投球数9の3者連続三振で仕留めると、観客は大いにエキサイトするものだが、これは稀なケースだ。しかし……1イニング2球でチェンジなんてものを目撃したことはあるだろうか? ローマ・ブレーブスがウェスト・バージニアに勝った10日の試合を見れば、そんなシーンを目にすることができる」と報じている。

「ご存知の通り、マイナーリーグは延長に入ると各イニングは走者二塁から始まる」と快挙を呼んだルールについれ触れた上でディールが2球で3アウトを奪ったことを紹介。「この珍しい2球で3アウトは、恐らくマイナー史上最も球数の少ないイニングだろう。それどころか、今夜のメジャーの試合で起きなければ、プロレベルも含めて初めての珍事になる」と紹介している。

 マイナーリーグならではのルールが呼んだ珍事。メジャー史に刻まれる「歴史的2球」となった。(THE ANSWER編集部)

マイナーリーグで「1イニング2球で3アウト」という珍事が発生【写真:Getty Images】