流通やサービス業などの労働組合で構成する産別労組「UAゼンセン」(松浦昭彦会長)は10日、顧客からの悪質クレーム、迷惑行為の対策を講じるよう求める約176万筆の署名を加藤勝信厚生労働相に提出した。加藤厚労相は「実態把握のための調査を進める」と応じたという。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら