「Windows 10ミニTips」は各回の作成時点で最新のWindows 10環境を使用しています。

○設定のスイッチでウィンドウ・全画面再生の切り替えが可能

普段、どのような動画再生ツールをお使いだろうか。筆者は長年デスクトップアプリの「MPC - BE」(Media Player Classic - BE)を使っていたが、最新ビルドが安定せず、再生環境の見直しを必要としている。

そこで、Windows 10の標準アプリである「映画&テレビ」を使い始めた。率直な印象としては、ショートカットキーをもっと充実させてほしいところ。特に、早送りや巻き戻しを行うショートカットキーがなく、再生環境としては若干の不満が残るMicrosoftサポートページのショートカット一覧。

よい点は、アプリ本体の起動が非常に速いこと。プロセスを観察すると、動画再生時はアプリ実体の「Video.UI.exe」を起動し、GPUレンダリングで動画再生を行っている。他のUWPアプリのように、あらかじめ起動かつサスペンド化しておいて、ユーザー体験としての起動を高速化している形跡はない。

それから数カ月ほど「映画 & テレビ」アプリをメインの動画再生ツールとして使っているが、気になるのが常にウィンドウ再生になってしまう点。これはスイッチ1つで改善できた。

機能面で「映画 & テレビ」アプリに不満が残る場合は、UWPアプリ版の「VLC media player」も試してみてほしい。デスクトップアプリ版のVLC media playerは、歴史も古く、定番メディアプレーヤーの1つだ。

阿久津良和(Cactus)
(阿久津良和)

画像提供:マイナビニュース