山田孝之と菅田将暉が出演し話題となっている『dele(ディーリー)』(テレビ朝日系)。本作品は、依頼人の死後、パソコンやスマホに保存されている不都合な記録を内密に削除する仕事を受け持つ坂上圭司(山田)と真柴祐太郎(菅田)を通して、人間模様を描いたドラマである。

 『dele』の放送時間帯は、『家政夫のミタゾノ』『トリック』『時効警察』など、多くのヒット作を生み出した“金曜ナイトドラマ枠”であり、俳優陣やスタッフなども豪華であることから、「ヒット間違いなし」と言われていた。しかし、視聴率が振るわず、第1話の視聴率が5.5%、第2話が3.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で、“少し寂しい結果となった”とメディアで騒がれている。これには理由があるという。

 「見逃し配信の存在ですね。“テレ朝動画”、“TVer”、“AbemaTV”、“GYAO!”など、テレビ以外のコンテンツに向けても配信しているため、視聴者がバラけてしまっているようです」(テレビライター)

 しかし、SNSを見てみると視聴者の反応は「思った通り面白い」「海外ドラマっぽい」「2人が最高すぎる」とすこぶる良く、そのセンセーショナルな内容から“映画化されるのでは?”という声もささやかれているほど。過去に低視聴率でも、再放送やDVDの売り上げなどで評判がよく、続編が製作された『古畑任三郎』(フジテレビ系 ※1994年〜2006年放送)や映画が製作された『SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜』(TBS系 ※2010年〜2013年)などに続くかもしれないと言われているのだ。

 紹介したドラマと比べて違うのは、“視聴者(ネット)の声”と“視聴率の重要性”が変化しているところにある。忙しい現代社会で、オンタイムでドラマを観る人は少なく、もはや視聴率を人気の指標にすることは古いのかもしれない。視聴率が悪くても、見逃し配信サイトのランキングでは視聴数の高い作品もあるし、可視化されているネットの声を無視するわけにはいかない。

 業界人以外の一般人でも視聴率に惑わせられている人も多いが、必ずしもドラマの良し悪しと比例するわけではないといえる。しかし、スポンサーの指標である以上、無視できないのも事実だろう。
山田孝之