8月11日の横浜DeNA対阪神16回戦で、阪神打線が横浜DeNAの先発・浜口から3回までに6安打を集めて4点を挙げ、昨年5試合で0勝3敗といいようにやられた左腕の攻略に成功した。

 2回無死一、二塁から鳥谷がライト前へ先制タイムリーを放つと、2死三塁から梅野がレフトスタンドへ2ラン。さらに4回にはロサリオがレフトフェンス直撃のタイムリーを放ち、計4点を奪った。


 阪神は、昨年ルーキーだった浜口と5試合対戦し、1度も勝てずに3敗。今季はこの日が初対戦だったが、序盤から効果的に得点を挙げ続けた。

(C)AbemaTV