初回は3者凡退スタートも2回に3失点

■DeNA – 阪神(11日・横浜)

 DeNAの浜口遥大投手が11日、横浜スタジアムでの阪神戦に先発したが、今季2度目の2回2/3での早期降板となった。

 1回は3者凡退で切り抜ける上々の立ち上がりだったが、2回に糸井にライトへの二塁打、ナバーロへの四球で一、二塁とされると、鳥谷にライト前へ先制適時打を浴びた。俊介はサードへの併殺打で切り抜けたが、2死三塁から梅野にレフトスタンドへ2ランを運ばれ、いきなり3点を失った。

 3回には1死二塁からロサリオにレフトへ適時打を許して0-4。その後、ナバーロの右翼線二塁打などで2死満塁とされたところで、降板を告げられた。2番手の藤岡が後続を抑えたが、浜口は6安打4失点の内容でベンチでうなだれた。

 浜口は7月1日の広島戦でも2回2/3で6失点を喫して降板しているが、この時と同じ、今季最短でのKOとなってしまった。(Full-Count編集部)