米軍普天間飛行場の名護市辺野古への県内移設計画を巡り、埋め立て予定海域への土砂投入に反対する沖縄県民大会が11日、那覇市であった。主催者発表で約7万人が参加。8日に亡くなった翁長雄志知事を追悼するとともに「環境破壊につながる違法工事だ」として政府に移設断念などを求める決議を採択した。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

県民大会で翁長知事がかぶるはずだった帽子(前列左)を見つめる謝花喜一郎副知事(同右)=那覇市で2018年8月11日午前11時9分、野田武撮影