国内最大のロック・フェスティバル「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018」が、8月4日、5日、 11日(土・祝)、12日(日)と2週続けて茨城・国営ひたち海浜公園で開催中。5日のLAKE STAGEでは、3ピース・ロックバンドのUNISON SQUARE GARDENがパフォーマンスを披露した。

【写真を見る】田淵智也が鬼神の如く踊り狂う

日が落ち始めたLAKE STAGEには、キャパシティーマックスまでファンが集結。斎藤宏介、田淵智也、鈴木貴雄は大歓声で迎えられると、早速「MIDNIGHT JUNGLE」でスタート。

続いて斎藤が「こんにちは、UNISON SQUARE GARDENです」と声を上げると、1月に発売されたアルバム『MODE MOOD MODE』のリード曲「君の瞳に恋してない」へとなだれ込む。

サビ部分ではベースの田淵がステージ全体を縦横無尽に動き回るなど、ユニゾン“らしい”パフォーマンスにファンも熱狂。「BUSTER DICE MISERY」「サンポサキマイライフ」「instant EGOIST」「オトノバ中間試験」と立て続けに披露し、会場が徐々にヒートアップすると終盤は「シュガーソングとビターステップ」へ。

屈指の人気曲を終盤で披露するといういい意味で憎い演出に、ファンは大興奮。そして田淵は、ステージを激しく右往左往。湖のほとりのステージは、人の波が渦を巻いた。

「ラスト」と斎藤がつぶやくと、「Invisible Sensation」が披露され、前曲「シュガソン」からの勢いそのままに最高潮の熱気でステージを終えた。(ザテレビジョン)

UNISON SQUARE GARDENがRIJF 2018で神曲披露