台風14号は11日夜、勢力を保った状態で沖縄本島地方に最接近した。12日未明には宮古島地方に最も近づき、その後は東シナ海を北西に進む見通し。気象庁は12日にかけて沖縄を中心に大雨や強風の恐れがあるとして注意を呼びかけている。宮古島地方の12日午後6時までの24時間雨量は多い所で80ミリと予想。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら