14打席ぶりの安打は走者一掃のタイムリー三塁打

■オリックス 6-3 ロッテ(11日・京セラドーム)

 オリックスの安達了一内野手がチームを3連勝に導く一打を放った。8回2死満塁の場面で中越えへ走者一掃となるタイムリー三塁打を放ち逆転に成功した。

 3打席凡退で迎えた第4打席は1点を追う8回2死満塁の好機だった。安達自身も「全然、良くない状態」と言うほど不振に陥っていたが、捉えた打球は中堅手の頭上を越える値千金の一打となった。

 7月31日の楽天戦以来、8月初安打となる14打席ぶりの安打を「取られると思ったけど、気持ちで打ちました」と振り返った。打撃に好不調の波はあるが、自慢の守備に不調はない。「もっと打てればいいが、自分なりにやることはある。そこでチームに貢献していければいい」と前を向いた。(橋本健吾 / Kengo Hashimoto)

オリックス・安達了一【写真:荒川祐史】