お盆を古里や行楽地で過ごす人たちの帰省ラッシュが11日、ピークを迎えた。JR新大阪駅の新幹線下りホームは朝からスーツケースを手にした家族連れらで混雑し、自由席乗り場に長い列ができた。高速道路も帰省ラッシュで混雑し、山陽自動車道下り線の志和トンネル付近では11日夕方以降も30キロ以上の渋滞が続いた。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら