第100回全国高校野球選手権記念大会は第7日の11日、史上2校目となる「甲子園100勝」に挑む龍谷大平安(京都)など近畿勢が相次いで登場し、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場には4試合で計8万人が詰めかけた。球場前には早朝からチケットを求める列ができ、大会本部は午前7時15分に満員通知を出した。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら