磐田戦の前半15分、ポドルスキの縦パスからイニエスタが華麗に仕留めて先制

 J1ヴィッセル神戸は11日、リーグ第21節でジュビロ磐田と対戦。初共演となった元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキと元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタの“元世界一コンビ”が華麗な連係からゴールを奪い、チームを2-1の勝利に導いた。その反響は日本のみならず海外にまで拡大し、ドルトムントの日本代表MF香川真司も公式インスタグラムで「ワールドクラス」と目がハートの絵文字付きで反応している。

 今季主将に就任したポドルスキは、和歌山キャンプ中の6月28日に左足を負傷。左足内側楔状骨剥離骨折で全治6週間と診断され、磐田戦がリーグ再開後初出場。一方のイニエスタも、7月28日のリーグ第18節柏レイソル戦後にスペインに一時帰国し、3試合ぶりのゲームとなった。

 4-3-3システムを採用した神戸は、イニエスタとポドルスキを両インサイドハーフで起用。ポドルスキからイニエスタに縦パスが入って会場が沸いた前半12分からわずか3分後、歓喜の瞬間が訪れる。

 右サイドからカットインしたポドルスキの縦パスを、イニエスタが反転しながらトラップしてマーカーの磐田DF大井健太郎を置き去りにすると、飛び出してきた相手GKカミンスキーも交わして冷静にゴールネットを揺らした。

香川は目がハートの絵文字を3つ付けて興奮

 初共演からわずか15分、ワールドカップ制覇経験を持つ両雄が絶妙な縦パス、反転トラップ、冷静にGKをかわしてのJリーグ初ゴールと見どころ満載のプレーに、2018-19シーズン開幕に備える香川も反応を示した。

 インスタグラムのストーリー(24時間で自動削除される写真・動画)で、大きなプロジェクターに映し出されたイニエスタのゴールシーン映像とともに、「ワールドクラス」と英語で綴り、目がハートの絵文字を3つ付けてその興奮ぶりを示した。

 香川はイニエスタが7月28日の柏戦で神戸加入後初のスタメン出場を果たした際も、インスタグラムのストーリーで拍手の絵文字3つをつけてテレビ観戦したことを公開していたが、イニエスタとポドルスキの共演はさらなるインパクトを与えたようだ。(Football ZONE web編集部)

ポドルスキの縦パスからイニエスタが華麗に仕留めてヴィッセル神戸が勝利【写真:Getty Images】