日航ジャンボ機墜落事故の慰霊のため、11日夕に群馬県上野村の神流川で営まれた灯籠流しに、宮城県亘理町の夫妻が初めて参加した。夫妻は東日本大震災の津波で常磐山元自動車学校に通っていた長女(当時18歳)を亡くした。「同じ悲しみを経験した遺族同士。寄り添ってもらったぶん、寄り添いたい」と心を込めた。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら