阪神がビジターながら得意の横浜スタジアムで打線が爆発、横浜DeNAを下し、3連勝を飾った。

 8月11日に行われた横浜DeNA対阪神16回戦で、猛虎打線は昨年0勝3敗と相性が悪かった横浜DeNAの先発・浜口を攻略。2回に鳥谷のタイムリー、梅野の2ラン、3回にロサリオのタイムリーで4点を奪いKOすると、その後も攻撃の手を休めず6回にはさらに4点を追加し、大きく引き離した。


 上位から下位まで万遍なく打った打線は、来日初の猛打賞となったナバーロをはじめ、野手8人のうち5人が2安打を放つ「5人マルチ」を記録。これで横浜スタジアムでは9勝1敗、対戦成績でも12勝4敗と、今季は完全に横浜DeNAを“お得意様”にしたようだ。

(C)AbemaTV

▶【動画】野手5人がマルチ安打の猛攻!阪神がお得意ハマスタで快勝