明治安田生命J1リーグ第21節が11日に行われ、サガン鳥栖と浦和レッズが対戦した。

 小野裕二が出場停止明けで2試合ぶりのスタメン。元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスは4試合連続の先発となる。浦和は前節と同じ11人。興梠慎三とファブリシオが2トップを形成する。

 前半をスコアレスで折り返すと、後半立ち上がりの58分にスコアが動く。原川力のCKを高橋秀人が頭で合わせ、鳥栖が先制した。

 試合は1-0で終了。鳥栖は2連勝で降格圏を脱出。対する浦和は8試合ぶりの黒星となった。次節は15日、鳥栖はアウェイで川崎フロンターレ、浦和はホームでジュビロ磐田と対戦する。

【スコア】
サガン鳥栖 1-0 浦和レッズ

【得点者】
1-0 58分 高橋秀人(鳥栖)

CKから高橋が決勝ヘッドを決めた [写真]= Getty Images