レッツ・コーポレーションは8月17日に、本体からお経が流れるポータブルBluetoothスピーカー「お経燈(おきょうとう)」を発売する。収録されているお経は、独唱タイプと復唱タイプの般若心経。本体デザインとして、茶色の蓮、ピンクの蓮という2モデルを用意した。価格はオープン、推定市場価格は7,000円(税別)。

和ろうそく風の本体にはLEDライトを内蔵し、ロウソクの火をイメージしたゆらめきなどを表現する。電源を入れるとお経が流れ始めるが、再生・停止ボタン、音量調整ボタンでコントロールが可能。

内蔵バッテリーによる動作時間は、お経の再生とLEDライトの点灯を同時に行った場合で連続約5時間。LEDランプ点灯のみで約20時間。本体の高さは165mm、直径は98mm。

「お経専用」とうたわれているが、Bluetooth 4.0対応なので、スマートフォンなどとペアリングして一般的なBluetoothスピーカーと同じように使える。スマートフォンに保存した好きな音楽を流したりするほか、自身が信仰する宗派のお経や説法を再生する用途も提案している。

画像提供:マイナビニュース