日本水泳連盟は11日、東京都内で記者会見を開き、水球女子日本代表が男子代表の大本洋嗣監督からフェイスブック(FB)で戦術を批判され、強化合宿を途中で打ち切った問題で、大本監督を文書によるけん責処分にすると発表した。大本監督は近く女子代表に謝罪する意向を示しているという。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら