dTVオリジナルドラマ『銀魂2 –世にも奇妙な銀魂ちゃん–』(8月18日0時配信)の舞台挨拶付き先行上映会が11日に都内で行われ、福田雄一監督、山本美月、立木文彦、戸塚純貴、シークレットゲストの小栗旬が登場した。

同作は、漫画家・空知英秋が『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載中の同名コミックを原作に、福田雄一監督が実写化のメガホンを取る。パラレルワールドの江戸を舞台に、宇宙からやってきた"天人(あまんと)”と侍・坂田銀時(小栗旬)の間に起こるさまざまな事件を描く。

現場ではかなりいじられていたという戸塚。福田監督は「本当に君がちゃんと成長すれば、もし次があった場合、dTVドラマ版でも(山崎が活躍する)あんぱん生活の回ができる」と言いつつ、「普通スピンオフって主役出ないじゃん。そこに小栗旬が出てるというのが価値。小栗旬に勝る何かが、お前にはあるの?」と詰め寄る。

戸塚は「確実に言えるのは、体力は俺の方がありますよ」と啖呵を切り、演技力についても「僕だって色々やってきていますし、コメディとか、ここぞというときの顔の力とかね。小栗さんに出せないものを出せますよ」ときっぱり。「最近体力の限界を感じてるんじゃないかな? 見てると、すぐ疲れちゃうような感じはあるから、ここは僕が行きますよ」とまで言ってみせる。

しかし「これ大丈夫かな」と言いながら涙目になっている戸塚。福田監督から「本人に言うのが一番じゃない? キャスティング会議は俺、プロデューサー、小栗くんという3人でやってることが多い」とけしかけられ、「次会ったら言いますよ。世代交代だと」と宣言した。福田監督から「小栗くんから世代交代でも、交代するのはお前じゃない」とつっこまれつつ、戸塚は「それくらい熱い思いでやってますから、次会ったら直接言いますよ。小栗さんよりもすごいもの出すぞ」と、語った。

その後フォトセッションの時間になり、宣伝用ボードが届かないという事態に。出演者陣が戸惑うと、ボードを持って登場したのはシークレットゲストの小栗旬で、会場内からは悲鳴が上がる。戸塚が「全部見てました?」と慌てると、小栗は「全部見てました。しゃべりすぎ、マジで。すげー長い」と頷く。実は福田監督だけがドッキリを知っていて、けしかけていたという。

そして有言実行を迫られた戸塚が「『銀魂3』、俺が山崎退として、小栗さんを超える芝居を見せます。なので、世代交代だ〜!!」と叫ぶと、小栗は「はい、頑張って下さい。応援してます」とあっさりと受け止めた。

さらに小栗は「俺、いっこだけ。多分俺の方が体力あると思う。それだけは」と主張する。戸塚も「キャバクラのシーンあるんですけど、体がムキムキで、岩みたいな腕してる」と表し、福田監督は「よくあれを見て『俺の方が体力ある』って言ったよね」としみじみ。戸塚は「本当ですね。ふりしぼってふりしぼって……」と反省していた。

2017年に公開された映画『銀魂』は実写邦画No.1ヒットとなり、連動したdTVオリジナルドラマ『銀魂-ミツバ篇-』も制作された。今回も、8月17日に公開される映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』と連動し、dTVオリジナルドラマ版が配信される。今回は原作でも人気の高い3つのギャグ回「眠れないアル篇」「土方禁煙篇」「幾つになっても歯医者は嫌篇」を実写化する。

画像提供:マイナビニュース