日米両政府は10日、新たな閣僚級貿易協議の初会合を終えた。交渉のやり方を巡っては、両国間の貿易促進策を探ることで一致。9月の次回会合以降、自動車や農業など個別分野を議論する方向となった。首脳会談までに貿易促進の具体策作りを目指しており、日本は米国が検討中の自動車・同部品の輸入制限を回避したい考え。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら