もうすぐアジア大会が始まり、東京五輪に向け、森保一監督が指揮するU-21日本代表が始動する。自国開催の五輪では、メキシコ五輪以来52年ぶりのメダル獲得が目標になるが、東京五輪を戦うチームのOA枠に本田圭佑が名乗りを上げ、武藤嘉紀や香川真司らも興味を持っているという。

西野監督、反町監督はOA枠を使わず

 W杯に出場した選手が「なぜ、今さら五輪に」と不思議に思うところだが、OAとはいったいどういうものなのか理解しておく必要がある。

 オリンピックに出場するチームは23歳以下の選手で構成(U-23日本代表)されるが、OAはオーバーエイジの略称で24歳以上の選手を3名、チームに登録することが可能になる制度だ。OAとして起用されるのは、そのチームのウィークポイントを補い、チーム力アップを実現できる選手である。

 過去の五輪代表のOA枠は、こうなっている。
●アトランタ五輪:OA枠採用なし(西野朗監督)グループリーグ敗退
●シドニー五輪:三浦淳宏、楢崎正剛、森岡隆三(トルシエ監督)ベスト8
●アテネ五輪:小野伸二、曽ヶ端準(山本昌邦監督)グループリーグ敗退
●北京五輪:OA枠採用なし(反町康治監督)グループリーグ敗退
●ロンドン五輪:吉田麻也、徳永悠平(関塚隆監督)ベスト4
●リオ五輪:興梠慎三、塩谷司、藤春廣輝(手倉森誠監督)グループリーグ敗退

 西野監督、反町監督は同世代の連携とチームの完成度に自信を持ち、OA枠をあえて使用しなかった。

楢崎加入が成功したシドニー五輪

 OA枠をうまく活かしてチーム力を上げ、結果を出したのはシドニー五輪とロンドン五輪である。シドニー五輪のチームは、中田英寿、宮本恒靖、中村俊輔を始め稲本潤一ら黄金世代が中心となるタレント軍団だった。だが、GKが最大のウィークポイントになり、楢崎正剛をOA枠で登録した。フラット3の最後尾を守り、守備を安定させ、準々決勝のアメリカ戦でPK戦で敗れたもののベスト8入りに大きく貢献した。 

 ロンドン五輪も最終ラインの守備に弱点があり、23歳以下の選手に1歳違いと年齢的にも近い吉田をセンターバックに起用し、さらに左サイドバックに徳永を配した。2人の加入で最終ラインが安定すると全体に堅固な守備網が完成し、ベスト4進出の大きな要因になった。吉田はキャプテンにもなったが、そのキャラクター、プレーがチームにフィットし、結果を出した成功例となった。

天才・小野伸二は機能せず

 アテネ五輪の時は、天才・小野を起用した。

 小野の加入でチームの攻撃力は格段アップし、チーム力は上がるだろうと思われた。しかし、蓋を開けてみると小野依存症が顕著になって自分たちでやろうという意識が気薄になってしまった。これは小野が悪いわけではなく、チームの個性や選手の性格をよく理解していたはずの山本監督のミスチョイスだった。経験のない若い選手の中にスキルが非常に高く、経験がある選手が中盤に入れば、どうしても若い選手はその選手を見てしまう。良薬が毒にもなってしまうというパターンである。

 リオ五輪の時は、ベテランの興梠がFWとして攻撃陣をリードしたものの、塩谷と藤春ともにミスが多く、なかなかチームにフィットしなかった。手倉森監督の見極めが出来ていなかったためだが、彼らはOAとしての期待に応えられず、結果につながらなかった。

本田圭佑はフィットするのか?

 東京五輪のOA枠に本田たちが手を挙げるのは、チームやOAに対する興味を喚起し、OA枠の議論を活発にさせる等々プラスになる。森保監督も早くからOAを起用してチーム作りを進める意向だ。自国開催のために予選が免除されているので、本番に向けてのチーム作りが今から可能だからだ。

 だが、どういう選手がチーム力を高め、メダル獲得のために誰が必要になるのかは、もう少しチーム作りを進めていかないと分からない。OAの選手を起用するにしてもチームのベースになるのは23歳以下の選手たちである。その上で見えてくるウィークポイントをOA枠で埋めていくことになるからだ。

 例えば本田が最終的にOA枠に入れるかどうかはチームに足りないパーツが攻撃的なMFであり、本田自身のプレーが高いレベルにあり、かつチームにフィットするか森保監督が見極める必要がある。経験だけを伝える存在であれば本大会には必要はなく、チーム作りの段階だけで十分だ。もちろん主力選手が怪我などで出場できないことになり、急遽ということもあるかもしれないが、2022年のカタールW杯を考えると絶対的な戦力にならない限りは、若い選手がプレーした方がいい。この選手ありき、ではないのだ。

森保監督はどう利用する?

 ただ、本田の「東京五輪を目指す」発言は、東京五輪代表を目指す23歳以下の選手にとって大きな刺激になり、モチベーションになる。五輪登録メンバーはW杯の23名とは異なり、18名の少数精鋭だ。OAが3名フルに採用されると15名しか生き残れない。大変厳しい生存競争になり、彼らが代表の椅子を勝ち取るためにはOAが必要ないと思わせるようなパフォーマンスを見せ続けていく必要がある。森保監督は「(本田の言葉は)ありがたい」と発言しているが、チーム内の競争を促すために本田を利用しようとしているのではあれば、なかなかのもの。柔和の顔の下には、まだまだ我々が知りえない指揮官としての奥深さがあるようだ。

 今後、チーム作りの段階でOAとしていろんなタイプの選手を招集し、試すことが可能になる。本田たちが招集される可能性もあるだろうが、東京五輪世代の面子を見るとウィークポイントはGK、ボランチ、FWか。日本代表クラスの名前が挙がるごとに盛り上がるだろうが、森保監督は、OAの選手とチームとの「融合」を冷静に見極めていくはずだ。OAは、チームを完成させる“仕上げ”になるのだ。

(佐藤 俊)

本田圭佑 ©JMPA