日中平和友好条約締結40周年を迎えた12日、安倍晋三首相と中国の李克強首相が祝電を交換した。安倍氏は「日中両国が手を携えて協力を深め、国際社会が直面する諸課題の解決に貢献したい」と強調。その上で「年内に貴国を訪問し、日中関係を新たな段階に押し上げていくための意見交換を楽しみにしている」と呼び掛けた。

 李氏は「中日関係の長期的で健全かつ安定した発展を推進していく」と表明した。日中両政府は2008年の30周年の際も祝電を交わしている。