女優の北川景子が、9月に放送されるテレビ朝日系ドラマスペシャル『指定弁護士』で主演を務め、初めて弁護士役を演じることが12日、わかった。

指定弁護士とは、検察が不起訴にした容疑者を市民による検察審査会が2回続けて「起訴すべき」と判断した際に、検察官役として指定される弁護士のこと。北川は、キャリアアップの一環として指定弁護士を引き受けたことで事務所を辞めざるを得なくなる一ツ木唯(ひとつぎ・ゆい)を演じ、北村一輝演じるバディの検察官・橘慎二と事件の真相を解明していく。

検察が不起訴とした事案を国民感情に押される形で強制起訴する役割を担うため、常に困難が伴う指定弁護士。事件背景と世論が複雑に絡み合う案件が多いためか、指定弁護士を題材にした物語はほとんど発表されていない。そんな難題を、『相棒』『科捜研の女』『名探偵コナン 劇場版』シリーズなどで知られる櫻井武晴氏が脚本を担当する。

クランクイン前に弁護士や裁判に関する資料と映像を見て撮影に備えたという北川は、指定弁護士の難しさを実感しながら、「弁護士だけど、『被告人を必ず有罪にする』という目的を持って法廷に立たないといけない」「確かに何でもかんでも明らかにすることが万人にとっての幸せではないのでは……という気持ちは私自身の中にも正直ありました。なので最初は『指定弁護士は何にやりがいを持っているんだろう?』と悩んでいたんですけど、監督とお話した際に『唯は“真実を明らかにする”ってことに使命感を燃やしている人なんじゃないかな』と言っていただいて、そこからはその気持ちを大切にして演じています」と役柄との向き合い方を説明。

また、バディを組む北村については、「撮影初日に早速、後半部分のシーンを撮りましたけど、自然といろいろな時間を積み重ねてきた2人に見えていたような感じがして。初日にそういう手応えがあったので、このままいけば大丈夫だなと思いました。すごくいいコンビになっているんじゃないかなと思います」と相性抜群のようで、「特に普段何かに頑張っている方に見てもらってスッキリしていただけたらうれしいです。そしていつかシリーズになったらうれしいですね。そのためにも、まずは今回の作品に全力を注いでいこうと思います。また見たいと思っていただけるように頑張ります」と意気込んでいる。

同作には2人のほか、唯の夫・一ツ木隆司役にえなりかずき、慎二の捜査を手伝う検察事務官・安倍忠一役に生瀬勝久、唯の上司でやがて彼女の前に立ちはだかる弁護士・三塚文則役に中村梅雀、唯を『指定弁護士』に誘う弁護士・神林京子を羽田美智子、唯が通うバーのマスターを松重豊、贈収賄事件をめぐる容疑者・田金清造を石橋蓮司が演じる。

画像提供:マイナビニュース