[ちちんぷいぷい―毎日放送] 2018年8月2日放送の「これどうなん?ニュース10」のコーナーで、関西国際空港のスーツケースについて紹介していました。


リサイクルされる

関西国際空港は8月6日から、不要になったスーツケースを無料で引き取るサービスを始めました。

背景にあるのは、近年増えている「放置スーツケース」です。誰の持ち物かわからないスーツケースがエスカレーターの下に隠すように置かれていたりするそうです。

関西空港警察署には大小様々なスーツケースが部屋いっぱいに保管されています。放置されたスーツケースは落とし物として扱わざるをえず、多い日には1日10個も。

また、危険物が入っている可能性もあり、保安上も問題視されていました。

置き去りをなくすこの新しいサービス。場所は、関西国際空港第1ターミナルビル4階国際線出発フロアの手荷物一時預かりカウンター。利用するには航空旅券・パスポートの提示が必要です。持ち込んだ人に所有権の放棄を文書で同意してもらい、引き取ったスーツケースは再利用されるということです。

無料引き取りになったことで、旅行者がスーツケースを放置しないように願うばかりです。(ライター:Nana.)

画像は関西エアポート株式会社のプレスリリースより