怪盗ルパンでおなじみ「ルパン三世」や、黄色の大人気キャラ・ミニオンズを引き連れて月をも盗もうとする「怪盗グルー」、美人三姉妹の怪盗チーム「キャッツアイ」など世界的に有名かつ人気の“怪盗”は意外と多い。そこへ、女性だけで結成された「オーシャンズ8」が新規ファンを魅了し、定番の“怪盗”となりそうだ。

【写真を見る】全てにおいてキマってる! 8人の女性怪盗「オーシャンズ8」にならだまされたい!?

■ “オーシャンズ”史上最強チームが新結成!

公開中の「オーシャンズ8」はド派手でクール、この夏一番ゴージャスな映画だ! カリスマ的リーダーのデビー・オーシャン(サンドラ・ブロック)を中心に結成された個性豊かな8人の女性たちによる犯罪ドリームチーム“オーシャンズ8”が、ハリウッド女優が身に付ける1億5000万ドルの宝石を狙う物語。ニューヨークで開催されるファッションの祭典を舞台に、“オーシャンズ”史上もっとも大胆な犯罪プロジェクトを描く。

“オーシャンズ8”が企てるのは、600人以上のセレブが集まる世界一厳しいセキュリティーを誇る会場で、なおかつ祭典がリアルタイムで全世界に配信される中、白昼堂々と盗み出すという前代未聞の計画。たった1秒の狂いが命取りとなるスリリング過ぎるだましの連続と、ケイト・ブランシェット、アン・ハサウェイ、ミンディ・カリング、サラ・ポールソン、オークワフィナ、リアーナ、ヘレナ・ボナム=カーターといった魅力的な女優たちの格好いい“悪だくみ”にシビれてしまう作品である。

主演のサンドラ・ブロックは「これはとてもユニークな女性たちの怪盗グループの映画。怪盗が出てくる映画って、どれも楽しいですよね。彼らが何を盗むにせよ、どうやって逃げおおせるのか? そしてその過程でどんな騒動が起こるのか? この映画の見どころは、素晴らしく個性的で、大胆、そしてユーモアのある8 人の女性たちが、彼女たちの冒険に観客を巻き込んでいくこと、そしてその中で起きる予想外の展開なんですよ!」と見どころを語る。

■ なぜ、世界は“怪盗”が好きなのか?

オーシャンズシリーズが世界的に支持される理由を、「オーシャンズ8」プロデューサーで、「オーシャンズ11」、12、13の製作にも携わっていたスーザン・イーキンスは「主人公がまんまとその計画をやりおおせるだけでなく、それを楽しんでやっているということにあると思います」と語り、“オーシャンズ”の面々が、どんなに困難で捕まってしまうリスクがあろうとも嬉々として計画にあたる、その前向きな姿勢が人々の共感を生んでいるとヒットの要因を明かした。確かに“オーシャンズ8”たちは、全世界に配信中のファッションの祭典で、超激レア宝石を盗み出すという前代未聞の大計画にもかからず、皆なぜかハイテンション。この憶することのない彼女たちの明るさに、世界は共感したのだろう。

彼女たちのような怪盗はすでに他のアニメやマンガのキャラクターとしても大人気。そのどれもが個性豊かで、魅力的だ。

■ 人々を魅了する怪盗を徹底比較!

日米で人気の“怪盗シリーズ”タイトルと特徴はこちら。

「オーシャンズ8」女性だけのチーム。メンバーはそれぞれ個性的で得意分野がある。リーダーのデビ―・オーシャンは伝説的な大泥棒ダニー・オーシャン(ジョージ・クルーニー)の妹。

「ルパン三世」男女4人のチーム。リーダーのルパンは世界的な大怪盗アルセーヌ・ルパンの3代目。普段のへっぽこぶりと、大きなヤマを前にした時の本気度のギャップがすごい。

「怪盗キッド」白いシルクハットに白のマントといういで立ちが印象的な怪盗。盗みの前には律義に予告状を出し、盗みそのものを“マジックショー”と呼んでいる。

「キャッツアイ」美人三姉妹の怪盗チーム。行方不明の父の足取りを探すため、その手掛かりとなる美術品を狙う。セクシーなレオタード姿がトレードマーク。

「怪盗グル―」月も盗もうとするスケールの大きい怪盗。子供嫌いなはずだが、なぜか子供からは好かれる。子分のミニオンズも大人気。

■ 愛され怪盗の共通点は「根っからのワル」ではないこと!

一見バラバラのキャラクターに見える彼らには、共通点がある。それは皆が“根っからのワル”ではないこと。彼らには盗むための目的がそれぞれあり、しかもそれが結果として金銭目的ではないことが多い。サンドラはデビーの盗む目的をこう明かす。「デビ―の目的は、お金ではないんです。彼女にとって大事なのは、盗むスリルと、最後まで逃げ切れるか。どうしてそんなことをしたいのかは不思議ですよね(笑)」“オーシャンズ8”たちが楽し気な理由。それはメンバー1 人1 人に、1 億5000 万ドル以上の価値がある夢や希望があるからなのかもしれない。(ザテレビジョン)

ド派手な「オーシャンズ8」のメンバーら。個性豊かで目立ち過ぎ(笑)!