2017年12月、日本デビューを果たしたコンパクトSUVの新型ジープ・コンパスは、先代から打って変わってフロントマスクが大きく変わっています。都市部でも扱いやすいボディサイズに抑えながら、フラッグシップSUVのグランドチェロキー譲りのプレミアムなデザインが与えられ、市場から高い評価を得ているそう。

詳細画像はこちら

より精悍な印象を付加するブラックのアクセントカラーを内・外装に採用し、上級グレードと同一の安全装備を搭載した限定車「Jeep Compass Night Eagle(ナイトイーグル)」が8月25日(土)に200台限定で販売されます。

限定車「ナイトイーグル」は、コンパス・シリーズで唯一のブラックルーフを備えた「ロンジチュード」がベース。エンジンは2.4Lの直列4気筒「マルチエア」で6ATとの組み合わせ。駆動方式はFFです。

詳細画像はこちら

ナイトイーグル専用となるブラックのアクセントカラーが随所に施されたほか、上級グレードの「リミテッド」と同一の安全装備を備え、限定車ならではの様々な特別装備を用意。

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

エクステリアは、ブラックフロントグリルやブラックウインドウモールディング、18インチブラックアルミホイールなどにより、精悍なルックスをさらに強調。ボディカラーには、コンパス・シリーズでは新色となる「グレーマグネシオメタリック」含む4色が設定されています。

内装には、ピアノブラックインテリアアクセントやナイトイーグル専用シート、運転席4ウェイパワーランバーサポートが装備され、高い質感と優れた快適性を実現。

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

安全装備では上級グレードに搭載されている「クラッシュミティゲーション(自動ブレーキ)」付き前面衝突警報、「ブラインドスポットモニター/リヤクロスパスディテクション」、「LaneSense車線逸脱警報プラス」、「Parkviewリヤバックアップカメラ」といった先進安全装備により、安全性がさらに高められています。

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

「コンパス・ナイトイーグル」は、充実装備を備えながら、価格は3,730,000円と、ベース車に比べても買い得感の高い限定車になっています。

(塚田勝弘)

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

【新車】ブラックのアクセントカラーで精悍さを増した「Jeep Compass Night Eagle」が200台限定で登場(http://clicccar.com/2018/08/12/617669/)