食欲がなくなりがちな夏、冷水で食べるお茶漬けはいかがでしょうか。




市販のお茶漬け海苔を使って、アレンジレシピにチャレンジしましたよ。


■浅漬け





市販の浅漬け(お好きな野菜)を細かくカットし、細切りにした大葉、白ごまと和えます。筆者はきゅうりの浅漬けを使いました。




炊いたご飯を一度流水で洗います。ご飯がサラサラになりますよ。




あとは、市販のお茶漬け海苔をふりかけ、冷水を注ぎ、先ほど和えた浅漬けを乗せるだけ。

さっぱりとおいしい冷やし茶漬けになりましたよ。浅漬けのシャキシャキ感や、大葉の風味がアクセントになっています。浅漬けが加わることで、とても後味がさっぱりとしたお茶漬けに。かぶや白菜、みょうがなど、いろいろな浅漬けで試してみたい!


■梅干し+サラダチキン





用意する具材はサラダチキンと梅干し1個。サラダチキンは適量を手で割きます。梅干しは、しそ梅を使いました。先ほどと同様に、ご飯は流水で洗っておきます。




市販の梅干し茶漬けを冷水で作り、あとは具材を乗せるだけ。ボリュームのある冷やし茶漬けになりましたね。

ダブル梅干しなこの一杯、夏バテにはぴったり。梅干しの酸味で食欲が増しますね〜!! サラダチキンも入っているので一緒にタンパク質も取れちゃいます。食欲がない人にぜひおすすめしたい一杯です。


■バジルレモンでイタリアン風






ミニトマト2個、バジル2枚、オリーブオイル小さじ1弱、ブラックペッパー適量を和えておきます。また、ご飯は流水で洗っておいてください。




市販のお茶漬け海苔で冷やし茶漬けを作り、先ほどの具材を乗せ、最後にレモン汁を数滴かけてイタリアンな冷やし茶漬けのできあがり。

実はこちら、永谷園公式のお茶漬けアレンジレシピなんです。バジルとレモンとオリーブオイルの味わいで、一気に洋風のお茶漬けに。まさにイタリアン!



どれも夏にはぴったりの冷たいお茶漬けになりました。お疲れの朝や夜、ちょっとでもお腹に何か入れておきたい時に召し上がれ♪

(伊東ししゃも+ノオト)


冷たいお茶漬けメイン画像