西武・中村は7試合連続アーチならず

 パ・リーグは11日、各地で3試合が行われた。

 首位の西武は序盤から打線が爆発した。初回に浅村の23号3ランで先制すると、2回には源田、浅村のタイムリーなどで、さらに3点を追加。5回には中村と秋山のタイムリーで3点を加え、6回には山川が2試合連続アーチとなる31号ソロで10点目を挙げた。中村の7試合連続ホームランはならなかったが、最下位の楽天を圧倒し、両リーグ最速で60勝に到達した。

 終盤まで1-1の同点でもつれた接戦で、9回に2点を勝ち越した日本ハムがソフトバンクを3-1で破った。9回にソフトバンク4番手の森を捉えた。1死からレアードと鶴岡の2連打、アルシアの死球で満塁の好機を作ると、途中出場の田中賢がセンター前に2点適時打で試合を決めた。この日の黒星でソフトバンクは再び借金生活に戻ったが、スアレスが2016年9月以来の1軍マウンドに復帰した。

 オリックスが逆転勝利で3連勝を飾った。オリックスは初回に中島の右犠飛で1点を先制するが、直後の2回に逆転を許す。2回に宮崎の左翼二塁打で同点に追いついたが、3回に1点を勝ち越され、劣勢のまま8回を迎えた。だが、ここでロッテ3番手・益田を相手に2死満塁の好機を作ると、安達、武田の連続タイムリーで一気に4点を奪い、逆転勝利につなげた。ロッテはここへきて手痛い4連敗を喫し、借金は4に増えた。

【10日終了時点】
1西武 59勝38敗1分
2日本ハム 54勝43敗2分 5.0
3ソフトバンク 47勝47敗1分 5.5
4ロッテ 45勝48敗3分 1.5
5オリックス 46勝52敗4分 1.5
6楽天 43勝55敗2分 3.0

【11日終了時点】
→1西武 60勝38敗1分
→2日本ハム 55勝43敗2分 5.0
→3ソフトバンク 47勝48敗1分 6.5
→4ロッテ 45勝49敗3分 1.5
→5オリックス 47勝52敗4分 0.5
→6楽天 43勝56敗2分 4.0(Full-Count編集部)

西武・辻監督【写真:荒川祐史】