2018-19シーズンのプレミアリーグが10日に開幕し、12日にはアーセナルと王者マンチェスター・Cが激突する。開幕戦で早くも実現するビッグカードを前に、両チームの現状をおさらいする。

●チーム情報
▼アーセナル

 今夏はGKのベルント・レノを始め、シュテファン・リヒトシュタイナーやソクラティス・パパスタソプーロスらを補強して守備を強化。一方で、ジャック・ウィルシャーやサンティ・カソルラらを放出してチームは大きく刷新された。

 開幕戦では、プレシーズンで安定したパフォーマンスを披露したレノに加え、パパスタソプーロスも先発出場が濃厚。4日のラツィオ戦でアーセナルデビューを飾ったばかりのルーカス・トレイラも、出場が不透明なアーロン・ラムジーに代わってボランチの一角を務めることになる。

▼マンチェスター・C

 移籍市場に約318億円をつぎ込んだ昨夏と比べると、今夏は新戦力がリヤド・マフレズただ1人と比較的おとなしかった。主力選手の退団はゼロで、ジョゼップ・グアルディオラ監督のチーム作りは熟成の段階に入っている。

 マフレズはここまでコミュニティーシールドのチェルシー戦を含む4試合に先発出場。指揮官は「まだ練習が必要」と改善を口にしているものの、ワールドカップの疲れが残るラヒーム・スターリングに代わってスタメン出場が濃厚だ。また、ベルナルド・シルヴァについても指揮官は、アーセナル戦でのスタメン出場を示唆している。

●対戦情報
・過去5シーズンで両チームは13度戦い、マンチェスター・Cが5勝4分け4敗と勝ち越している。
・過去5シーズンの開幕戦でアーセナルは2勝3敗、マンチェスター・Cは5戦全勝している。
・過去5シーズンの開幕戦で2ゴール以上記録しているのは、マンチェスター・Cのセルヒオ・アグエロ(4ゴール)とダビド・シルバ(3ゴール)の2人。
・昨シーズンは3度対戦してマンチェスター・Cが3戦全勝。シティはすべての試合で3ゴール奪い、アーセナルは3試合で1ゴールしか奪えなかった。
・アーセナルはホームで行われたリーグ戦直近5試合で、いずれも3ゴール以上を挙げている。
・マンチェスター・Cはアウェイで行われたリーグ戦直近5試合のうち、4試合で複数得点を挙げている。

●監督コメント
・ウナイ・エメリ監督(アーセナル)
「エミレーツ・スタジアムで戦う最初の試合は、我々にとってとても重要だ。チームとサポーターが一緒に力を出し合えば、素晴らしいパフォーマンスを見せられると思う。ピッチに立つ選手たちは目指すスタイルを表現できると信じているし、ボールを持っている時は非常にクリエイティブだ」

・ジョゼップ・グアルディオラ監督
「エメリ監督はヨーロッパリーグ3連覇という結果を出してきた。彼は相手のことを研究し尽くすタイプの監督だね。PSGでいい仕事をしてきた。チャンピオンズリーグでは運悪く負けてしまったが、スピリットを表現できたと思っている。彼は本当にトップの監督だ。難しい試合になると同時に、私たちにとっていいチャレンジになる」

開幕戦でビッグカードが実現した [写真]=Getty Images