バルセロナに所属するスペイン代表DFジェラール・ピケが同代表から引退することを明かした。イギリスメディア『スカイスポーツ』が11日、選手のコメントなどを伝えている。

 12日に行われるスーペル・コパの前日記者会見に臨んだ31歳のピケ。スペイン代表のルイス・エンリケ新監督に、ワールドカップはロシア大会が最後の大会だとすでに話したことを明かした。

「ユーロやワールドカップなど素晴らしい時間を過ごした。決定はすでに行われており、十分に検討した結果だ。もうルイス・エンリケ(代表監督)には話したよ」

 ピケは2009年に国際フレンドリーマッチでスペイン代表デビューし、通算102試合に出場。また5ゴールを決めており、2010年の南アフリカワールドカップ優勝と、2012年のユーロ(欧州選手権)初優勝に、主力選手の一人として大きく貢献していた。

 スペイン代表チームでの通算出場試合数が100以上の選手は他に12人しかおらず、ピケは多くの試合で同代表に尽力してきた選手の一人だ。

代表引退を発表したジェラール・ピケ [写真]=Getty Images