架空の国の全域を地図に描く――そんな壮大な創作活動「想像地図」に取り組んでいる人がいます。15年前に始まった活動はまだ完了しておらず、完成予定は2028年。地図を描いている「想像地図研究所」の中の人に話を聞きました。

【その他の画像】他の地図や鉄道の設定など

 想像地図は、地球によく似た「泉星」という惑星にある「城栄国」という架空の国の全域を地図にすることを目指しています。城栄国は人口規模や面積が日本に近く、「日本によく似ているけれど日本ではない島国」。11の地方と73の都道府県で構成され、首都は「南栄」……など、詳しい設定も作られており、そうした設定は描き上がった地図の部分とともにWebサイトで見られます。

 1万分の1の縮尺で描かれている地図には、生方府、新山県など、見たことがあるようで知らない地名が並び、鉄道網や道路網も詳細に書き込まれています。設定データベースでは、鉄道の駅や高速道路、各市町村の名称や人口などを公開。細部への凝りっぷりがすごい……!

 地図は完成するとA4用紙6万1000枚になる予定(城栄国の面積:約38万平方キロメートル)。この壮大な計画について、地図を描いているSirnokaさんに詳しい話を聞きました。

●想像地図が生まれたワケ

 子どものころから架空の地図を描くのが好きだったというSirnokaさん。想像地図の出発点となったのは、2003年夏に描き始めた「茶柱市」という架空の都市の地図でした。それまでは道路や線路を描くだけで地名をつけることはほとんどなかったものの、このときは全ての土地に地名をつけ、この街を舞台とする小説を執筆することも予定していたとのこと。

 しかし、次第に「地図を描くこと」が目的になり、小説を執筆するという構想は忘れ去られることに。地図は広がっていき、2006年にSirnokaさんは「このまま続けたら60年後に完成するだろう」という予想を立てたそうです(その根拠についてはよく覚えていないとのこと)。「架空の惑星にある架空の国」という世界観を確定させたのは2010年で、このときに「2048年までに6万~7万枚の地図を描く」ことが目標に。

 6万1000枚という具体的な目標が固まったのは2011年。そのためには年間2000枚を描く必要があるという試算でした。その後は描画速度が速まったため、完成目標が2028年に前倒しされています。

 Sirnokaさんによると、2018年8月初めの時点で進捗は約58%となっています。

●想像地図の作り方

 想像地図は、A4用紙をテープでつないでその上にペンで地図を描き(1万分の1縮尺)、それをPCに取り込んで再配置する(このとき10万分の1に縮尺される)ことで作られています。当初は手描きのみでしたが、枚数が増え、描画済みの場所を把握しきれなくなったためPCに取り込み始めたといいます。

 地名は地形を考慮しつつ、現実の地名などを参考にしながら考えているとのこと。日本では地名から苗字がつくケースも多いので、苗字も参考にしているのだそうです。

 想像地図を見ていると実在の県をモデルにしたと思われる土地も見受けられます。Sirnokaさんによると、完全な創作か、実在の県をモデルにしているかの線引きは難しく、「ある部分は○○県をモデルに、別の部分は××県をモデルにした結果、全体としては完全オリジナル的になっている」というケースが非常に多いのだそうです。また、「名前がそれっぽくても、モデルが全然違うケース」もあり、例えば熊本と宮崎が混ざったような名前の「熊崎県」は、実際には愛知と静岡がモデルとなっています。

●想像地図の楽しさ

 想像地図を作る上で大変なところ、楽しいところをSirnokaさんに聞きました。「地図は全てを描かないといけません。描いて楽しい部分だけではなく、つまらない部分もあります。楽しい部分とつまらない部分は隣接し、時にモザイクのように入り組んでいます。楽しいであろう部分がもうすぐ先にあるのに、その手前にあるつまらない部分を描かないと先に進めない、という状況になることは多くあります。ただ、何よりも楽しいと感じるのは、『描いているそのとき』ではなく、『ここを描いた!』という達成感を得たときです」

 2003年に小学生だったSirnokaさんも今は働く身ですが、地図の作成は毎日、平日の出勤前30分と帰宅後の1~2時間ほどを確保して続けています。休日は1日中描いていることも。1日に平均で8~16枚ほど描いているとのことです。

 大変そうな地図作りの作業をこれだけ長い間続けてこられた理由は? その問いにSirnokaさんはこう答えています。

 「『人生の目的』を想像地図に見出し、『自分は何のために生きるのか』という問いに対して『想像地図を描くこと』という答えを出せるようになったからだと思います。辛い経験があっても、想像地図があったから乗り越えられました」

 2028年に地図が完成したら何をするのか聞いてみたところ、「何かしらのパーティーは行うかもしれないですが、現時点では未定です」とのこと。地図完成後は、想像地図世界を舞台とする小説を書いたり、鉄道のダイヤを作ったりするなど、地図を土台にして新たな創作を行う予定だとSirnokaさん。

 想像地図のサイトには「やりたいことリスト」があり、「歴史の設定」「架空世界版のWikipedia」「バス路線の設定」「架空鉄道の運賃計算・切符発行システムの製作」と想像の世界を作り上げる作業がたくさん並べられています。どんな世界が完成するのか――まずは2028年の地図完成を楽しみに待ちましょう。

画像提供:Sirnokaさん(想像地図研究所)

架空の国「城栄国」の首都「南栄」を描いた地図の一部